GATABUTSU

法隆寺 祈りとかたち展 私的感想文

投稿日 2014年8月23日 土曜日

コメント コメント(0)

カテゴリイベント情報など

タグ | | | | |


会期終了の間際。新潟県立近代美術館で開催されていた「法隆寺 祈りとかたち展」に行ってきました。
半分以上が明治昭和の仏教美術。奈良、平安を始めとする法隆寺の宝物を期待して行ったのに拍子抜けで残念だった…なんて感想も事前にチラホラ見かけましたが、とんでもない。
飛鳥から昭和まで続く仏教美術の系譜みたいなもんがビシビシ感じられる、すげー良い展覧会でした。
以降は記憶を補完する目的の私的な感想文です。

持国天立像、多聞天立像

飛鳥時代の持国天立像、多聞天立像。よく知る天部像とは随分雰囲気の違う、大陸から来ました的な像容。神像入ってる。

重文 薬師如来坐像

今日の欲しいパターンのヤツ。黒ずんだ部分と金が残る部分との色味が絶妙な小柄な像で、息子と「骨董市にこんなの売ってないかね」と話をしてたら、近くにいたおじさんに笑われた。プラモ美術。

国宝 地蔵菩薩立像

本展の目玉であろう国宝の地蔵様。重量感たっぷりで、その顔は汚れのせいか泣いているようにも見えた。太ももに衣がピッタリと張り付いたような感じは清凉寺式のそれに似てるなと思ったんだけど、これは茶杓型衣紋(ちゃしゃくがたえもん)というらしい。
体格が良すぎて正直なところ好みじゃないなって思ったんだけど、この地蔵は右斜め後ろからのビューが非常に良かった。放射状に広がる衣紋が照明の当て方とも相まって、宇宙の広がりみたいなもんも感じさせてくる。実際に衣を着ているところを想像すると、右腕に流れる布は広がり、肩から流れる衣は脇に集約されているはずなんだけど、そんなんどうでも良く放射状と言いたくなる。真っ暗な宇宙の中空で後光を放ち地蔵さんが立っている。その地蔵さんと対峙する自分。放射状を見てるとそんな風に錯覚する。

重文 舞楽面(胡徳楽)

法隆寺といえば面である。古来より人は面を被ることによって別の人格、神や仏になりきり、近づき、敬意を表してきたのだ。この面は賭博黙示録カイジの兵藤和尊になりきるための面である。

高村光雲 定胤和上像(じょういんわしょうぞう)

昭和初期の作品。高村光雲にかかれば木は肉であり布である。ぽっぺをペシペシやりたい衝動に駆られた。

和田英作 金堂落慶之図(こんどうらっけいのず)

大正の作品。法隆寺金堂壁画の落慶の様子を描いたもの。ドラマティックな演出はあえて封じ、歴史的事実を客観的な視点で写実的に描かれている。前のほうにいるやつは真剣に説明を聞いてるげなのに、隣のヤツとお喋りしてたり首をかしげて「なんすかこれ」な表情しているヤツとか描かれていて素敵だ。最後尾で雑談してるヤツなんかはY談してるんだと思う。
この絵から感じような雰囲気って、現代だと山口晃なんかに引き継がれてるんじゃないかって感じた。

2014.8.16

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ