GATABUTSU

お寺でライブ 極楽パンチ2013

投稿日 2013年6月10日 月曜日

コメント コメント(0)

カテゴリイベント情報など

タグ | |


ホームステイに来ているメアリーを連れて、家族で温泉に出かけた。ヘルニアの祖母が地獄谷温泉に浸かり「はー極楽極楽」と言ったのを聞いたメアリーは、3日後、眉間に皺をよせながら予定より早く帰国した。

書き出しはフィクションで、ホームでステイとかしていません。

小千谷市 極楽寺で毎年開催されている エコマーケットとキャンドルナイトのイベント「極楽パンチ」に行って来ました。

イベントは二部構成。10時から17時まではエコマーケット、18時半からは おおはた雄一さんと坂本美雨さんによるユニット「おお雨」そしてパーカッショニストのユザーンさんによるライブなどがおこなわれました。

会場には15時くらいに到着。かなりの賑わい。
さほど広いとは言えない参道と境内にブースがひしめき合っているという感じで、それが賑わっている感を増幅させます。「田舎だから場所はある!」って言って、スカスカやるよりはこの相対的な混雑感を醸しだしたほうが客としても高揚できて良い感じです。

本堂と対面にあるお堂の付近は木が沢山茂り、木陰の休息スペースになっていました。非常に暑い日でしたので、風邪がよく通り自然の涼しさを感じられます。まさに極楽。会場案内図ではタバコが吸えるスペースと書かれていましたが、さほど煙も気にならなく息子と遊ぶには調度良い空間でした。

知人にも消しゴムハンコをやっている人がいるので、麻田弘潤さん・津久井智子さんの諸行無常ズによるワークショップに参加したいなと思ってましたが、所要時間60分に断念。60分の間、息子をキープできないなとの判断。普通に考えりゃ、ワークショップが5分や10分ってことはないんだろうけども、パーゆえに自分の興味あることは、自分の都合よく組立ててしまうという。
縁があれば、また機会はあるでしょう。

革や雑貨のブースが多かったんですが、手作りの照明器具なんかを販売している長岡在住の作家さんのブースが非常に気にいりました。水に揺らめく裸電球型のLED照明や、ろくろをまわして削った木のフードをつけたペンダントライト。末吉(すえよし)さんという作家さんだった。
写真は撮り忘れましたな。こちらも縁があれば、また目にすることがあるでしょう。

彼岸寺という全国的にも有名なネット寺院のサイトでも度々紹介されるイベントでしたので、ちょっと近寄りがたい大規模イベントなのかなとも思っていたのですが、縁日のような感じでしたね。
近隣から幅広い年齢層が集まっているようで、これが新しいお寺と地域の距離感なんだろうなと思いました。息子にも早くのんびりする楽しさを仕込んで、次回は腰を据えて遊びに来たいです。

行けるもんならライブにも行きたいなーなんて思ってたんですが、小さい子どもがいると予定をバシッと埋めるのになかなか勇気がいるもので、そうこうしているうちにチケットは全て完売となってしまったようです。当日券はでず。

お堂の石段で息子と遊んでいると、嫁ハンが手をパタパタとさせながらやってきました。
「ささささ、さーかもと美雨(坂本教授の娘さんです)が買い物してたわー」と。
雑貨系のお店で買い物をしていたんだけど、お店の人も坂本美雨とは認識できておらず、
(店)「どちらからいらしたんですか?」
(坂本)「あ、坂本美雨といいます。今日、ここでライブするんですけど」
(店)「あ、そうなんですか。失礼しました」
的な会話が繰り広げられていたという。
嫁ハンはそーゆーのがわりかし詳しいのですぐわかったようですが、お顔を拝見したところで私もさっぱりわかりませんでした。いや、ライブには行きたいなと思っていたのですが、それとこれとは別問題という認識でお願いします。

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ