GATABUTSU

延命寺ご開帳

投稿日 2010年8月10日 火曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 秘仏

タグ | | | | |

 @k_artsさんが取りまとめている、ご開帳カレンダーにて「新潟県長岡市 延命寺延命地蔵」という文字を見つけ、出掛けてきました。

 家からはチャリ圏内だったので、炎天下の中自転車で。暑くて、死ぬかと思いました。マジで地蔵さんの世話になるとこだったようです。

 延命寺のその前に、龍源寺に。
 お寺敷地への入り口付近に祠があり、十王像が祀られていました。修復されたものなのか、最近作ったものなのか、どれもしっかりとした彩色がほどこされています。...が、奪衣婆だけは別格な年期が入ってました。さすが冥界のアイドル!
 同じほこらのなかには、髪の毛の色がぬけた日本人形や達磨がいて、軽くどころかかなりの恐怖です。

新しい十王

年期のはいった奪衣婆

色の抜けた達磨は軽く恐怖

色の抜けた日本人形とかかなり恐怖

 そして、延命寺へ。檀家さんだらけの本堂に「こんちわ!こんちわ!」と潜り込みます。延命寺の延命地蔵は、年1回のご開帳。曜日は関係なく、7/8と決まっているようでした。
 檀家のおじさまと談笑していると、12人のお寺さんが登場し護摩が始まりました。
 メラメラと燃える火を見ながら、シャンシャンと鳴る音楽とともにお経を聞いていると、例によって護摩トランスに入っていきます。その護摩トランスの中、ご住職から口上のように、ご本尊についての由来が読み上げられました。

 昔はこのお寺の前に川が流れていたそうなのですが、ある日夢にお地蔵様がでてきて、川のところに来てくれと頼まれたらしい。次の日に、川の近くに生えている柳の木の根元をみたら、夢にでてきたお地蔵さんがいたそうな。そこで、「これはお告げのとおりだ!」とお地蔵様を持ち帰り、このお寺のご本尊としたということらしい。
 隣に座っていたおじさん曰く、「子供のころは、この川に近づくと河童がいて引きずり込まれる。」と、ことあるごとに教えられてきたんだそうです。

 ...?

 て、ことはこちらのお地蔵さんも、意外と河童だったりするのではないですか?(笑)

 内陣までいれてもらったのですが、暗いのと小さいのとではっきりとご本尊の姿まではわかりませんでした。座高50cmくらいの小さなお地蔵様で、錫杖を持った坐像。

ご本尊のお地蔵様(手前は御前立)

 ...御前立のお地蔵様、微妙に頭が河童ぽくないですか?(笑)

 お寺の外には、麻釜地蔵(おがまじぞう)という石造りの地蔵さんが祀られていました。
 案内板によると、今から150年ほど前、村に釜右之門という一家がいた。その家には”おあさ”という娘がいて、たいそう可愛がられていたんだが、ある日、釜でお湯をわかしていたところ、”おあさ”があやまって釜に落ちてしまい、それが原因で亡くなってしまったそうな。それ以来”おあさ”の菩提を弔うとともに、童女の無災難を祈願してこの地蔵が祀られるようになったとのこと。
 うーん。金田一的な映像が頭に浮かんできます。

麻釜地蔵(おがまじぞう)

 でも、ちっとも涼しくはならない、夏の暑い日でした。

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ