GATABUTSU

報恩寺の阿弥陀さんの前でいろいろと思う

投稿日 2012年1月24日 火曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 秘仏

タグ | |

柏崎市報恩寺阿弥陀如来

2012年最初の見仏は柏崎市の報恩寺へ伺ってきました。
でかける直前までは別のお寺に行くつもりだったのですが、何の気なしに本をパラパラと眺めていたら、こちらのお寺の阿弥陀様は大晦日と元旦のみご開帳だとか。
これも何かの縁だと思い、早速こちらのお寺へと予定変更しました。当初行くつもりだったお寺は、三が日の間ご開帳しているはず。

場所は長岡市方面から柏崎市へ向かい、曽地峠を下ってすぐのところ。この場所は非常に思い出深いところなのです。
昨年は東日本大震災によって東北地方は非常に大きな被害をうけました。今まだ大変な状況が続いていることと察しますが、この地域も2007年の中越沖地震では非常に大きな被害をうけたところです。

地震があった2007年の7月は、今の会社に転職してきて1ヶ月ほど経ったくらいのころでした。
その3年前に起きた中越地震以来、首都圏に目を向けた仕事ではなく、もう少し地元に足をつけた仕事をしたいと強く考えるようになって、新潟を中心に仕事をしている現在の会社に転職してきました。そんな折に起こった中越沖地震。
私の働いている会社は、災害時などには比較的最前線のほうで働く業種でもあり、周りの社員が忙しく復旧工事に出かけている中、全く違う業種から転職してきた私は即戦力とはならず、悔しい思いをしたものです。

そんなときに連れてきてもらったのが、このお寺のすぐ近くにある曽地峠の現場。雨の中、作業をしている先輩社員の後ろについて、荷物運びやらの手伝いをしたことを覚えています。それくらいしか出来ることがない。

崩れた崖によって道は寸断され、というか道そのものが真っ二つに割れ、地面はみたことのない歪み方で固まっていました。峠の下を流れる小川は濁流となり、折れた電信柱が飲み込まれている。中越地震のときは暫くのあいだ山間部には近づかなかったので、目の前のこの光景にはとても驚きました。

阿弥陀三尊

お寺に到着したのが12時を少しまわったあたり。
ちょうどお昼時にかぶってしまったにも関わらず、拝観のお願いをしたら大変親切に案内していただきました。

この日は新年一発目ということもあり、久々に息子ちゃんと二人でのお寺参り。奥様からはえびせんやおせんべいなどのお菓子をいただき、おふたりのお子さんには楽しく遊んでもらいと、息子も非常に喜んでいました。
1歳のころはお寺やお堂に連れてくると、その静けさや薄暗さに泣き出すこともあったのですが、最近ではすっかりお寺にも慣れてきた息子。今年初の「なむなむ~」をいただきました。

こちらのご本尊は阿弥陀さん。大晦日と元旦のみのご開帳です。
お寺自体は、901年ごろの創立ですが、本堂は過去3度ほど火災にあっていおり、ご本尊も3代目とのことです。
現在の本堂は1841年ごろに再建されたもので、阿弥陀さんはその少し前につくられたものだとか。
細い指の綺麗な阿弥陀さんでした。

阿弥陀如来

中越沖地震では厨子から飛び出してしまい、両手首が折れてしまったとのことですが、現在は修復されたようです。

昨年の災害発生時からことあるごとに耳にする「自分のできることをやろう」的なセリフ。でも、冷静になってみると自分でできることなんてそうそうありはしないって現実に、結構悩みます。自分と家族が笑って暮らせる環境を維持するだけで、精一杯ですよ。それでもいろいろなことを忘れずに、少しづつ前に進んで行こうと、まさに新年早々気の引き締まるようなお参りでした。
出かける前に本を読んで、これはなにかの縁があるなと感じたのはこのあたりだったのかな。

2012.1.1

報恩寺(ほうおんじ)

仏像 阿弥陀如来立像
場所 〒945-0214 新潟県柏崎市曽地1541
問い合わせ先 報恩寺(TEL:0257-28-2223)
拝観時間 要連絡
拝観期間 要連絡
拝観料 志納
公式サイト なし
新潟県柏崎市曽地1541

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ