GATABUTSU

栃尾の泥地蔵2011

投稿日 2011年10月01日 土曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 秘仏

タグ | | |

2011年泥地蔵

人によっては下ネタと思う写真ありますので、そういう内容が嫌な人は見ないでくださいね。
合併して長岡市となってしまった栃尾地区は、奇祭として有名な『ほだれ祭り』や数多くの双体道祖神を見ることができるなど、未だに多くの子孫繁栄の行事や史跡が残っているところ。

昨年に引き続き、今年も見に行ってきました。音子(おんご)神社の泥地蔵。
この泥地蔵は毎年8月26日の午後に行われる、珍棒(ちょんぼ)地蔵祭りというお祭りの中で作られる道祖神。
ネーミングそのままに、大きな男根(ちょんぼ)をもった泥のお地蔵様です。

時間の制約があったりするので普段は団体行動はせず、仏像や祭りを見に行く際は基本ソロ活動なんですが、今回は何人かの仲間とともに出かけてきました。

というのも、Twitter上で栃尾に住んでいる女性と、この珍棒地蔵祭りについて話をしていたとき。

「見に行くのはいいんだけど女子一人でいくのはちょっと恥ずかしいよねw」

という話が。

おっ!これは泥地蔵ツアーのニーズがあるかもしれないっ!?と、募集をかけたのですね。

…男3人が集合して、むさくるしいパーティーが出来上がりました。

このお地蔵様。泥なだけに、このお祭りにあわせて作成され、そしていずれ消滅します。ということはですね、毎年毎年、その姿も変わるってことではないですか。うんうん、よく見れば去年のものと微妙に違う。
『やっぱり一昨年の地蔵が最高傑作だった』とか、『さすがに名人の表面仕上げは違うっ!』とか、『先代の名人のレベルにはなかなか達しませんなー』とか、作成者の間ではその出来栄えについて、熱い議論が交わされているのかもしれません。

泥地蔵2011

ちなみにこちらは昨年の作品。今年のものは面長だということがわかります。

道祖神あるいは泥地蔵またの名を珍棒(ちょんぼ)地蔵

さらに、珍寺大道場さんのサイトでは2009年版の珍棒地蔵を見ることができます。このサイトの写真を見ると、ここ数年の間だけでも作成者の腕前が確実にあがっていることがわかります。

新潟県の栃尾(現長岡市)。
雁木の町並みが有名だが、今では何故か油揚の町として有名になっちゃいましたね。
そんな四方を山に囲まれた栃尾の外れにある音子神社の一画に一風変わったお地蔵さんがいる。
チョンボ地蔵|珍寺大道場

元々は神社の清掃を行った際に、境内の御手洗池の泥上げで出た泥でこのお地蔵様をつくっていたようなのですが、現在は池の泥は使用していないようです。であるならば、どこからこの赤土を持ってきたのだろうと周辺をくまなく調査したんですが、結局最後までわかりませんでした。近くの庚申塚には、作業に使ったであろうスコップが無造作に立てかけてありました。

おっさん3人がオラオラーと、珍坊地蔵を眺めているとどこからともなく地元の女学生らしき二人組が。神社の境内で遊んでいるおっさん3人を、汚いものを見るような目で一瞥し、きゃっきゃウフフと珍坊地蔵を見ていました。

この女の子二人も、いずれ都会に出ていくときが来るのでしょう。そして、合コンやサークルの飲み会で、ふと思い出したようにつぶやくのです。
「私の地元には面白いお祭りがあってー・・・」「あ、うちの地元にもあるある。おんだ祭りのふくの紙ってヤツなんだけど・・・」「あー、そっちのが全国的にメジャーじゃん!それ、ぜってぇ羨ましいわ。」とか、会話が弾むんですきっと。
やべー、激しくその輪に加わりてー。

泥地蔵2011 地元の女子とともに

双体道祖神

泥地蔵の姿をした道祖神の後ろには、小さな石造りの双体道祖神が何体か。栃尾は双体道祖神も多いし、ほだれも河原の石積みもみんな根っこで繋がってる感じがします。音子神社に向かう道中、結構前に行われたはずの河原の石積みをまだ見ることができました。

隣の神社はひと気のない神社。地図上には名前もなく、諏訪大明神の大きなのぼりがあがっていました。ボロボロの石段をあがって行くと、手水鉢には亀の石があったり、梁にはあまり見たことのない、鯉の彫り物があったりとなかなか楽しい発見が多かった。この鯉の彫り物、かなり出来が良かったんですよ。

ソロ活動だったらサクッと帰ってたはずなんで、パーティーを組んで行くってのはこーゆー楽しさがあるんだなと思いました。おじさん二人、ありがとう!

2011.8.27

音子神社(おんごじんじゃ)

仏像 珍棒(ちょんぼ)地蔵
場所 長岡市上樫出
問い合わせ先 栃尾観光協会(TEL:0258-51-1195)
拝観時間 日中
拝観期間 毎年8月26日午後。お祭りのあとも暫くの期間 鎮座。
拝観料 寸志
公式サイト なし
新潟県長岡市上樫出

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ