GATABUTSU

栃尾の奇祭 音子神社の泥地蔵

投稿日 2010年9月01日 水曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 秘仏

タグ | | |

 人によっては下ネタと思う写真ありますので、そういう内容が嫌な人は見ないでくださいね。

 8月28日土曜日の朝。地元新聞を読んでいると、小さな一つの記事に目がとまりました。

 安産祈願のため、泥で男性のシンボルを持つ地蔵を作る奇祭が26日、長岡市栃尾地域の上樫出の音子神社で開かれた。汗だくになった地元住民が泥を塗りつけ、高さ約1.5mの立派な地蔵を完成させた。
 同神社は安産や子育ての祈願の神様。天保年間(1830~44年)から、神社の池を清掃した際の泥で地蔵を作ったと伝わる。現在は境内の赤土を代用し、担当の男衆が素手で作り上げ、目に豆炭、ひげにはシュロの繊維を貼り付けた。(新潟日報2010年8月28日朝刊)

 地蔵といいつつも、新聞に掲載されている写真には、土の山しかありません。
 
 「立派な地蔵を完成させた」と言ってるのに、なんで完成写真を載せないんだろう。そんなことを思いつつ、Twitter上で「このお祭り、何?」と投げかけてみました。すると、すぐに一人のユーザーから返答が。
 「昨日見てきました。とっても立派でしたよ~」と書かれたテキストの脇に張り付いていた写真へのリンクをクリックすると、そこには衝撃的な写真が...

 この日は、午後から知人が開催している勉強会へ出席、そして夜は新潟仏像好きオフ「仏酔い in 上越」と立て込んでいたため、翌日を待ってさっそく現地に向かいました。

 向かった場所は長岡市栃尾地区 上樫出(かみかしいで)の音子(おんご)神社。

 神社前にある広場に車と駐めると、すぐにお目当ての 泥地蔵 が目に入ってきました。

 こ、こ、こ、これは凄い...

01 1 01 48

道祖神あるいは泥地蔵またの名を珍棒(ちょんぼ)地蔵

 目に豆炭、ひげにシュロとか書いてありましたが、そんな素材なんかどうでもよくなるような、ナイス顔!髭だけでなく、キャンタマ袋にもシェロを貼り付けるこだわり!そして、視界に収まりきらない巨根!さきっちょっ!

 新聞には泥地蔵とありましたが、立て看板には道祖神とあります。神仏習合で地蔵信仰と習合しているのでしょうか。
 また、観光協会のサイトを調べたところ「珍棒(ちょんぼ)地蔵祭り」という呼び名もあるようです。「『ちょんぼ』とは栃尾の方言で男性のシンボルのことです。」との説明書きがあるのですが、これ、方言だったんですね...子供のころから普通に使ってました...

 お祭りは、毎年8月26日の午後から行われているようです。

 今年は地蔵の上に屋根を取り付け、雨が降っても大丈夫なように工夫をしたらしい。天気予報では、当分雨の心配はなさそうですので、安産の祈願をおこないたいかたは足を運んでみてはいかがでしょうか。そうそう、シンボルに触ってみたのですが、まだ赤土は水分を含んでいるようで、少し柔らかめでした。これも土が乾くことによって、より一層のカチンコチンコになること間違いないと思います。

 境内は沢山の背の高い木々に囲まれており、ブランコなどの遊具やベンチもあって、子供たちの遊び場にもなっているようです。

01 1 00 41

01 1 01 05

 このキノコ、ひょっとしたら巨大化できるかなと思い、触ったり踏んづけたりしてみたんですが、残念ながら大きくなることはできませんでした。多分、先に珍棒地蔵のシンボルを大きくしてしまったんだと思います。

 この栃尾という地域には、「ほだれ祭り」という大変有名なシンボル系奇祭があるんですが、その影に隠れてこんな祭りまであるんなんて...奥の深い土地です、栃尾って場所は。

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ