GATABUTSU

妙高寺の愛染明王

投稿日 2008年10月26日 日曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 秘仏

タグ | | |

 新潟県は小千谷市にある妙高寺へ出かけてきました。

 毎月26日はご本尊の愛染明王がご開帳。ずっと前から訪ねてみたいと思っていたんですが、うまいこと週末に26日がぶつかるタイミングがなく、今日、ようやくのことお会いすることができたのです。

975426095_144

 寺に置かれているパンフによると、「・・・当山ご本尊愛染明王は遠く約三千年の昔、インドの名匠ビシュカツマの御作で、・・・」とあるのですが、実際のところは鎌倉時代の作とのこと。
 また、寺へ向かう道中や寺についてからも、いたるところ「国宝愛染明王」の文字が躍ってるんですが、実際は重文なのです。昭和25年の文化財保護法施行前の話なんでしょうか。
 まぁ、いいんです。国宝や重文なんかの冠は。格好良くて味があって、みんなに愛される仏像であれば。

 お寺さん自体は、月例祭なのに完全放置プレイ。開け放たれた本堂にあがりこみ、愛染を思う存分拝むことができます。
 拝観料も無料。(しかし、住職さんも誰もでてこないのでご朱印ももらえず。そんなときは、ピンポン鳴らしてお願いしなければなりませんね。)

 しっかし、こちらの愛染はその姿もさることながら、見せ方も含めてカッコ良いですね。
 木造で玉眼入り、蓮華座と背後に描かれた日輪のみ彩色有り。像高は119cmとさほど大きくないながらも、暗めの本堂中で少し高い位置に厨子が置かれ、その内部だけが照明に照らされています。

 これ、愛染さんが暗闇の中で、浮き上がっているように見えるのです。

 しかも、愛染は殿様の部屋にいるような感じになっていて、愛染の部屋(愛の小部屋。実際は厨子の内部がそのまま収蔵庫になっているよう。)の前には半透明の障子が立てられています。ボキャブラリが無いので、半透明の障子としかいいようがありません。
 天上界から現れたお殿様が、日輪を背負って渇を入れてるような状態になってるので、とりあえずはハハァ~~~と謝っておくしかなくなるのでした。

22949503_1971843841

 苔が見事な庭も素敵。もみじも少し色づき始めていました。もう少しで、紅葉と苔のコントラストも見ごろになることでしょう。
 
 曹洞宗は粋だなぁと思ったのでした。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ