GATABUTSU

天昌寺のガンタンク的な聖観音

投稿日 2011年5月31日 火曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像

タグ | | |

天昌寺

「嫁ハンにゴールデンウィークにどっか行きたいところある?あ、もちろん遠出とお金かかるところは無理だよ。」
と、聞いたら塩沢町の牧之通りにあるOHGIYA CAFEに行きたいとの回答。
お、塩沢とはすごーく手頃な感じじゃないですか。…というわけで魚沼方面に出掛けてきました。

流石に相手もこちらの事情は、いろいろとわかっているらしい。
OHGIYA CAFEでワッフルなどを食べ、その後は以前から行きたいと思っていた同じ塩沢の天昌寺へ。

鍵を借りて階段を上り、ご本尊が祀られているお堂に向かいます。

本堂の中央には聖観音。両脇には多聞天、持国天の二天がが祀られていました。

本尊の聖観音は、事前に話しを聞いていたとおり、元々は立像であったかのようにも見える腰つきな坐像。
上半身と下半身とが、ともすればアンバランスに結合されたその腰は「なになにコアファイター入ってんじゃね?」とも思える、ガンタンクのような坐像でありました。

いただいた案内の略沿革によると

天昌寺は今から五百有余年前の延徳二年(1490)雲洞庵七世禅実和尚を請し、曹洞宗寺院として開創。それ迄は、養老六年(722)藤原鎌足の曽我房丸公が悪疫退散のため、越前の聖者泰澄大師に懇願して彫らせたという「聖観音像」を本尊として数百年の間密教の寺庵が存し、実際庵と称されていたという。
就中長和二年(1013)大和の高僧恵心僧都、当地へ巡国の折観世音の霊験を感じ、多聞、持国の二天を彫らして脇侍に安置。その後寛元年間(1243~)頃、北条時頼公により越後観音札所に定められ、十二番霊場として益々観音信仰が広まったといわれている。
しかし、延徳二年堂守が没し無住となり、堂宇存続のため雲洞庵から住職を請し復興。天正元年(1573)今の寺号に改められ、十四年(1587)上杉家より観音免として高十石を拝領して免除地となる。明暦三年(1657)堂宇焼失、万治二年(1659)再建、現在観音堂を別して、三百余年の歳月を風雪に耐えている。

お寺の方に尋ねたところこの腰については諸説あり、元々このように作られたという説もあれば、やはり立像だったものが後年の補修で坐像に作り替えられたとも。胎内から見つかった修復銘札には、そこまでのことは言及されていなかったようです。

本堂には小林源太郎作の計7枚の欄間。越後の左甚五郎と称される「石川雲蝶」と同時期に活躍した彫刻師です。雲蝶は三条市を中心として活躍し、源太郎は魚沼を中心として活躍したそう。麒麟の欄間などは、雲蝶の表現とはまた違った、繊細で見事な彫りでした。

小林源太郎の欄間

地元の長岡ではもう桜は散っていたのですが、今年は雪深かったためかこちらでは今が丁度見頃のよう。訪れた前の週までは観音堂の雪囲いも外せず、お堂にも入れなかったらしいのです。
聖観音さんもこちらの事情を、いろいろとわかってくれていたのでしょうか。

2011.5.2

天昌寺(てんしょうじ)

仏像 聖観音座像、多聞天立像、持国天立像(いずれも県指定)
場所 新潟県南魚沼市思川39
問い合わせ先 天昌寺(TEL:025-782-0147)
拝観時間 要事前連絡
拝観期間 通年。ただし、冬季期間中は観音堂には入れません。
拝観料 無料(朱印料別)
公式サイト なし
新潟県南魚沼市思川39

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ