GATABUTSU

U-zhaanとSteve Oda 極楽音楽堂

投稿日 2015年11月07日 土曜日

コメント コメント(0)

カテゴリイベント情報など, 未分類

タグ | |

12112051_977843918955992_6513787292802713233_n

人並みに「英語を喋りたい」という願望はある。

若かりし頃にTOEICの試験を受験した。

若いころから今の見仏のスタイルと同じである。特に深く調べたりもせず、疑問も持たずに受験申し込みである。

勉強をあまりしなかったのは失敗であったと思うが、とりあえずやってみればいいのである。

最初はリスニングであった。Directionといって、まずは例文と回答方法の説明がCDから流れたのだが全て英語であり、これは真剣にならざるをえないと最大限に集中力を発揮して聞いていたら、いつの間にかリスニング試験が10問目くらいに進んでいたのに気づいて唖然とした。「それではここから試験開始です」くらい日本語で言ってほしい。


小千谷市の極楽寺というお寺で開催された「極楽音楽堂〜お寺でインド古典音楽〜」というイベントに行って、タブラ奏者のU-zhaanとサロード奏者のSteve Odaさんの演奏を聴いてきた。サロードとはインドのギターのような楽器である。

極楽寺ではこの10年ほど毎年「極楽パンチ」というフリーマッケットなどのイベントをおこなっていたのだが、今年は主催者である副住職の麻田弘潤氏が多忙のため、翌年に延期となっていた。毎年やっていたイベントが延期になり「何か寂しいねえ」なんてところにU-zhaanさんから麻田氏にお声がかかり、この極楽音楽堂の開催となったようである。

2013年6月10日 月曜日 ガタブツ/お寺でライブ 極楽パンチ2013

お寺の本堂にあがり、まずは出店していたアロイというお店のグリーンカレーで腹ごしらえである。辛めのカレーではあったがかなり寒い日だったので、とても助かった。東南アジアな雰囲気の、ハーブのような香草のような味がして大変に美味しかったのであるが、帰宅後に友人からこの店の梅しそカレーが美味いと聴いた。早めに、そういうの早めに、である。
IMG_20151102_222823

ライブの会場はご本尊様を目の前にした本堂である。一段高くなったところにU-zhaanとSteve Odaが登場し自己紹介のあとチューニングが始まった。演目としては、まずSteve Oda氏のソロから始まりテンポアップした盛り上がりのところからU-zhaan氏のタブラが入ってくるのだと、チューニング中にU-zhaan氏から説明があった。

打楽器でもチューニングが必要なのかと大変に感心していたのだが、早々にU-zhaan氏のチューニングは終わり、Steve Oda氏のチューニングの音が本堂に流れ続けた。Steve Oda氏は目を閉じ頭を少し揺すりながらサロードの音色に耳を傾けていたかと思えば、時折「ん?」といった感じで弦を調整しているようなしぐさを見せる。

サロードの音色が流れ続けた挙句、35分経過したところで本編に入っていたことに気づいた。5分経過したあたりで隣のご夫婦が「これまだチューニングかな?」と言っていたのを聞き逃さなかったので、ずっとチューニングだと思ってたのは俺だけではないと思う。U-zhaan氏もあんな長くソロやるとは思わなかったとか言ってたので、Steve Oda氏のご乱心ということで片付けた。

「チューニングではない」とその気になって聴くと、サロードの響きのある音色とタブラの破裂音が小気味良く、海の底でマグマに温められたお湯がポコポコと湧いているようなそんな光景が浮かんだ。伝わるだろうか。
こういうイベントから帰宅するとたいていアドレナリンが出まくって暫く眠れなかったりするのだが、どっぷりとした睡魔に襲われて早々に寝た。リラックスできたんだろう。


イベントが始まる前。

指定された駐車場に車を駐め、同じ目的地と思われる格好をした前を歩くカップルをさっそうと追い越し、5分くらい歩いたところで真っ暗なところにたどり着いた。
道を間違えていたことに気づき不安になって引き返したら、そのカップルも引き返していた。紛らわしいので、もっと道を知らない雰囲気を出して歩いてほしい。

私は地図を持っていたので、近くに一人で居た同じ目的地と思われるご婦人に地図を見てもらい、一緒に極楽寺にたどり着いた。この親切なご婦人に出会わなければ、カレーを食べてる暇が無かったかもしれない。このあたりもいつもの見仏のままである。

2015.11.02

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ