GATABUTSU

上杉謙信が戦勝祈願したという毘沙門天

投稿日 2015年2月17日 火曜日

コメント コメント(2)

カテゴリ上越地区の仏像, 秘仏

タグ | | | |

滝寺毘沙門天立像
上杉謙信が戦勝祈願したという毘沙門天像が公開されていると、ローカルのラジオニュースで聞きつけ、上越市埋蔵文化財センターへ行ってきました。通常は30年に一度御開帳される仏像で、本来ならば次の御開帳は2028年まで待たねばならないのだとか。

上越市はここ数年、上杉謙信を中心とした歴史的な地域起こしにも熱心で、越後上越おもてなし武将隊という団体が、謙信を始めとする戦国武将に扮し、あちこちでPRをしているよう。会場の文化財センターは、そのおもてなし武将隊の居城だそうです。

上越市の出身者として、地元を盛り上げてくれている姿に感激しつつも、最近すっかり頭に定着してしまった「上杉謙信=GACKT」のイメージとおもてなし武将隊とのギャップに、向かう車内のBGMは鈴木雅之さんの違う、違う、そうじゃない。

春日山城跡案内図
ブルブルと頭を振りつつ、違う、違う、そうでもない。GACKT謙信が綺麗すぎるだけなんですよね。そこんとこは。

毘沙門天は「謙信公と春日山城展」という展覧会の中で展示されていて、会期は2015年の3月30日まで。ラジオのニュースを聴くまで気づきませんでしたが、昨年の春から開催されていたようです。謙信公と春日山城展|上越タイムス – タイムスニュース

会場の埋蔵文化財センター前には、周辺案内図がありました。お城の影も形もありませんが、ちょっとした散歩にはちょうどよい春日山城址です。

滝寺毘沙門天立像
青銅製で、像高33cmと小ぶりな像。資料に製作年代の記載は見当たらなかったが、謙信が戦勝祈願をしたというのであれば、安土桃山だろうか。顔が少しデカイと思う。
仏像は、見上げた時にバランスが調度良くなるよう、顔が少し大きく作られているものもあるらしいので、この像も戦国時代にはお堂の高いところに祀られ、拝まれていたんだろう。小さいし、戦場にも持っていったのかもしれない。

現地で入手した資料には、次のように書かれていました。

上杉謙信が、毘沙門天を厚く信仰したことはよく知られています。本像も謙信祈願所と伝えられる「滝寺毘沙門堂」の本尊で、現在は滝寺町内会で保管されています。30年に1度開帳される秘仏です。最近では平成10年8月に、開扉され、多くの参拝者で賑わいました。
(中略)
本像は、青銅製で、右手は肘より先、左手は手首より先が失われ、後補となっています。また、右手には戟(げき)と呼ばれる武器を持ち、足下には邪鬼を踏んでいたと推定されますが、現在は失われています。左手に持つ宝珠も後補です。

滝寺毘沙門堂は、滝寺不動尊の少し奥の高台に建てられています。この地は「吉祥寺」の跡と伝えられているところで、毘沙門堂の礎石として転用されている五輪塔は、鎌倉時代のものと考えられています。このことは、鎌倉時代すでにこの地に寺院が建てられていたことを示すもので、古くから信仰の地となっていたと考えられます。また、滝寺は春日山城兵の集結地であったとも伝えられています。毘沙門堂も出陣に際して戦勝を祈願するために建立されたものと考えられます。

美しきふるさとの遺産 上越市の文化財(旧市域版)/上越市教育委員会

仏像を見たあとは、母親を誘って前から気になっていた近くの天ぷら屋「ゆずや」へ。
ゆずやの天ぷら
ランチの天ぷら定食を頼んだら、最後のかき揚げは茶碗に残っていたご飯でかきあげ丼にしてくれました。これは美味い。

財布は母持ち。孫をダシにスネかじりのつもりだったんですが、店に入ったら、カウンターに座って目の前で揚げてくれるスタイル(座敷もある)で、正直「しまった。息子連れて来るべきじゃなかった…」と。

割り箸の袋でおりがみ

案の定、見仏のとき以上に息子の動きにハラハラし、ゆっくりとは味わえませんでした。それでも、この地域でこの値段でこういったふうに天ぷらにが食べられるのは、良い店ができたもんだなと思います。

隣の席に座っていたおじいさんが、割り箸の袋で息子に折り紙を折ってくれました。上手ですね。

文化財センターで購入
文化財センターの受付で販売していた、上越市の文化財一覧の資料を購入しました。手前が旧市域分で、下になっているものが新市域分。旧市域分は範囲が狭いためか、新市域分のものよりも詳しい解説が掲載されています。個人蔵の仏像や土器なども写真入りで沢山紹介されていて、読んでいてドキがムネムネします。図書館の郷土資料のコーナーで見かけて、欲しかったんですよ。

こういう冊子は現地にこないと、なかなか手に入れることができないですよね。良い物を手に入れました。

2015.2.1

謙信公と春日山城展

仏像 上杉謙信が戦勝祈願したと言われる毘沙門天
場所 上越市埋蔵文化財センター 〒943-0807上越市春日山町1丁目2-8
問い合わせ先 謙信公の郷振興協議会事務局(上越市観光振興課内) Tel:025-526-5111
会期 平成27年3月30日(月曜日)まで / 午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日
  • 毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)
  • 年末年始(12月29日(月曜日)~1月3日(土曜日))
入場料 無料

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

“上杉謙信が戦勝祈願したという毘沙門天” への2件のフィードバック

  1. 多田幸雄 より:

    仏像が好きでときどきお邪魔をしては黙って退出していました。
    たまたま、私の誕生日の掲載なので、初めてコメントを残すことにしました。
    因みに1932年2月1日生まれの83歳の「後期高齢者」です。家内は魚沼の出身。
    鎌倉に居住して43年、鎌倉の寺は歩き尽くしました。
    心を痛めた記事は柏崎の安住寺の三十三観音の整形手術。
    またときどきお邪魔させていただきます。

  2. gatabutsu より:

    はじめまして。コメントありがとうございます。
    鎌倉ですか。私はまだ1、2度しか訪れたことがありません。そのときは水月観音様や円応寺の閻魔様、長谷観音などをお参りしたように覚えています。
    またいつか行ってみたいものです。
    これからもどうぞ宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ