GATABUTSU

2015蔵王毘沙門堂 Keep Alive

投稿日 2015年1月02日 金曜日

コメント コメント(3)

カテゴリ中越地区の仏像, 秘仏

タグ | | | | | |

大晦日の百八灯籠
毎年の恒例となっています、新年の安禅寺御開帳。今年は「蔵王堂城史跡をまもる会」の会員として、大晦日から元旦にかけて、お堂の番をしてきました。最近はサイトの年間更新数も非常に少なくなっているところで、この年末年始の御開帳が自分自身のキープアライブのようにも感じています。

場所はJR北長岡駅から西へ1km 金峯神社の隣り。金峯神社はかつて蔵王権現または蔵王堂と呼ばれ、南北朝時代から全国的霊場の中に位置づけられていました。今年は年末から元旦にかけて、早くから大雪・暴風雪に対する警戒が発表されており、例年に比べ二年参りに訪れる方も、非常に少なかったようです。

それでも実際には雪、風ともにさほどの激しさはなく、百八灯籠に照らされたお堂が神秘的に浮き上がっていました。…この百八灯籠、広島から応援に来てくれた若者夫婦や、ジンバブエ、メキシコ、ベネズエラからの留学生が準備してくれたんですよ!

私も年に一度くらいしか内陣には入らないので、お客様にお堂の説明をするという仕事がありながらも、沢山の仏像に囲まれて年越しの時を過ごしていると自然と心がウキウキしてきます。このお堂の中は、入る度に新しい発見があり、何度来ても飽きません。

今回気になったのは大黒様。

以前から「なんか落ち着かないんだよな」と思っていたんですが、ようやくその違和感の意味がわかりました。かなり注意力散漫なタイプなんで、そーゆー間違い探し的なもんは苦手です。

大黒天

この大黒様、蓮台の上に乗っているんですね。正確にいうと、俵の上に蓮台が乗っかっていて、その上に大黒天が立っている。

大黒天は、七福神のひとつにも数えられ、福の神としても馴染みの深い仏像。元々は古代インドでシヴァ神の化身であるマハーカーラ(意味としては「大いなる暗黒」)をルーツに持つ、戦闘をつかさどる神。日本在来の大国主命(おおくにぬしのみこと)と習合し、右手に打ち出の小槌、左手に大きな袋を持ち、俵に乗る姿が一般的になったという。

ところが、大黒天にはいろんなバリエーションがあるのもよく知られた話で、戦闘をつかさどる神としての武装大黒天の像容や、天台密教における大黒天、毘沙門天、弁財天が合体した「三面大黒天」なども見かけることがあります。

で、ここのは俵の上に蓮が乗っている。地味ではあるけども、そんなに見かけるもんでもないような気がするし、だからの違和感。
調べてみると、この蓮台に乗った大黒天は淡路島の八浄寺、茨城県の大輪寺などでも見ることができるようです。

大黒天の掛け軸

そんな話を保存会のおじさんとしていたら「こっちの掛け軸の大黒天は、女なんだよねー」と。あ、ほんとだ。
俵の上に乗ってるし、右手に小槌、左手には袋を持ってるけど観音様みたいだ。像も掛け軸も、ものすごーく古いものってわけでもないっぽいけど、最近”創作”したってもんでもないらしい。

本田不二雄著「へんな仏像」によると、大黒天、弁財天、毘沙門天の3つの顔を持つ三面大黒天は、一般的には豊臣秀吉の護持仏として知られているが、徳川家康もまたこの三面大黒天を護持仏として秘蔵していたんだという。また、東京目黒区の大円寺というお寺には、甲冑に身を包みあたかも毘沙門天のようでありながら、左手には袋を持ち頭上に宇賀神(おじいさんの顔を持ったとぐろを巻いたヘビ)を乗せた形の大黒天が居るという。

  • へんな仏像 / 本田 不二雄 (著)
へんな仏像
今回、かなり参考にしました。異形の大黒天が19頁にわたって紹介されています。
2012年8月の発刊で、今見たところ、Amazonではもう新刊は手に入らない状態のようですね。タイトルから、私のような亜流向けの本のようにも見えてしまいますが、きちんと仏像や仏教について調べたいと思っている人にもオススメできる、数ある仏像本の中でも本当に良書です。
で、おまけに安い。2015年1月時点、Amazonで中古350円くらいからのようです。

そういえばこの安禅寺は、徳川二代目将軍秀忠の側室だった妙徳院が晩年を過ごしていて、徳川家にゆかりが深いし、宇賀弁天の像もある。なんなら、凄く小さい像ではあるけども宇賀神単体の像もあるんだよね。
弁天は古代インドの河神か。水ね。そうか、信濃川か。

なんて、ボケもなくまじめに考えていたら正月なので、酔っぱらいました。
これからも少しづつ整理していこうと思います。モットーは「無理しない」

2015.01.01

安禅寺(あんぜんじ)

仏像 毘沙門天,蔵王権現 他
場所 〒940-0027 新潟県長岡市西蔵王3-3-16
問い合わせ先 蔵王堂城史跡をまもる会 090-3647-7414
拝観時間 不明
拝観期間 大晦日から1月3日までご開帳
拝観料 志納
公式サイト なし
新潟県長岡市西蔵王3丁目2−16

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

“2015蔵王毘沙門堂 Keep Alive” への3件のフィードバック

  1. ロゼッタ より:

    こんにちは。突然すみません。

    こちらのHPを参考にさせていただき、友人と仏像巡りをさせていただいているものです。
    ブログの記事の、『蔵王堂城史跡をまもる会』についての質問です。
    会員になろうかと検討中なのですが、電話をして詳細を尋ねる決心がまだ付いていないのです・・・。
    会員になるための詳細を、会員であるやまざきさんに是非お尋ねしたいのです。
    お返事よろしくお願いします。

  2. gatabutsu より:

    ご覧いただきまして、ありがとうございます。
    『蔵王堂城史跡をまもる会』の会員になるための詳細…ですが、特に資格や規約みたいなものはなかったように思います。
    私はお参りに行った時に説明をしてくださったおじさんにお願いをして入れてもらいましたし、知人ではこのお寺が好きでしばしばお参りに来ていたら声をかけてもらって会に入ったという人もいます。広島の方や海外の方は地域の大学に通われていたようで、行事などをボランティアで手伝ってくれていたみたいですね。

    会員になって「やらなければいけない」ということも特になく、普段はお仕事を定年された会員のかたが、周辺の草刈りや安全柵の整備などやってくださっています。私も普段は仕事や家事があって、常に何かするということはできないので。
    気軽に聞いてみてもよいのではないかなと思います。

  3. ロゼッタ より:

    お返事ありがとうございます。

    近いうちに電話をして、詳細を尋ねてみたいと思います。
    ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ