GATABUTSU

ビニールぐるぐる巻き地蔵2件

投稿日 2014年3月16日 日曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像

タグ |

地蔵1

大河津分水の可動堰を見に行こうと車を走らせていたら、ビニールでぐるぐる巻きにされた地蔵を見かけました。

白状しますが水門が好きです。

「恋する水門」などという写真集もあるとおり、水門はいいオッサンの恋愛対象であるのです。とか思いきやそうでもなく、ドラクエ2で水門の鍵を手に入れるのに苦労をしたというトラウマから、私と同年代のオッサンは水門というキーワードに反応するのではなかろうか、などと思うわけです。

実際のところは青空につられて出かけただけでして、自我の目覚めか最近生意気を申すようになってきた我が息子に父の威厳を見せようと、大河津分水はお父さんが石を積み上げて作ったのだと教えに行く道中。
本来ならば、水門も大ぶりな可動堰より田んぼの脇にある手回しのものにキュンキュンくるオッサンが私ですが、それはそうと雪国の人間は冬が過ぎ去ろうとしているこの時節の思わせぶりな青空に、ウヒョーとなる性質があるのです。

太陽の日差しともにどこからともなくノコノコと生えてくるオッサンと、水門からジャバジャバと溢れだす水は、田舎の春の風物詩として認定しても良いのではないかとぼんやり考える昼下がり。あと二週間ほど暖かくなったら、スノーシェッドが良いとか、名も無き砂防ダムが素敵だとか言い出す季節です。

ビニールぐるぐる巻き地蔵は大河津分水へ向かう川沿いの道路に居ました。

地蔵1ひき

「車を停めてでも撮りたい地蔵がある」

サッカーの試合前によく聞く煽りの台詞にどことなく似た言葉が頭に浮かんだ私は、サッカーに盛り上がるタイプではまるでなく、むしろ幼少期より野球をこよなく愛していますので、ここでひとつ野球の話など。

中学の練習試合の際「最終回ワンアウト満塁、一打出れば我軍の逆転勝利」というタイミングで3塁にいた私。味方が打った打球はフラフラと内野へあがり見事なツーアウトとなりそうなところ、機転を利かせた3塁ランナーである私の飛び出しでダブルプレーとなり、その後、敵味方問わず相当にバカにされることとなりました。若き日の辛いトラウマです。守っているときもただでさえフライを取れない私ですが、それ以来「フライは落ちたほうが俺にメリットがある」と信じ、今もフライを落とす日々なのです。

そんなトラウマを克服しようと水門に向かった矢先に、地蔵による足止め。むむ、トラウマ恐るべし。

地蔵2with可動堰

とりあえず車を停めて撮影をしようと思ったものの、川沿いの道は堤防よろしく土手のようになっていて道幅は狭く、路肩は坂。さらには太陽とともに現れた雪国のオッサンが、快適にスピードをあげて走り抜ける。

車を停めるのにも一苦労だ。

お地蔵さんが暖かく見守ってくれるのかと思いきや、写真を撮ろうとする私などは決死の覚悟である。4歳の息子までもが「お父さん、車にはねられるよ」などと説教をしてくる始末。私の威厳はどこへ行った。

地蔵は道路沿いに二体。

地蔵2どーん

長い冬と河川敷の吹きさらしから守るためだろうか、地蔵はビニールでぐるぐる巻き。緊縛加減も良い感じである。

その姿からいつぞやのテレビで見た、雨上がり決死隊の宮迫を思い出した。
オーバーオールに透明ビニールのコートを着こなすファッションは、見事に私の腹筋を奪い去り抱腹絶倒の面持ちだったのだが、私も中学生のころは新聞紙が張り付いたようなシャツをよく着ていた。

フライで飛び出した件と共に、誰にも知られたくない過去である。

可動堰

一体の地蔵さんの後ろには、水門がありました。大河津分水手前の「真野代堰 洪水吐門」というようです。

川から吹き付けるまだ肌寒い風をうけて「寒い寒い」と言っている息子に「お父さんはこれくらいの水門なら、レゴブロックで作れるよ」と教えてあげました。

もうすぐ春ですね。

新潟では腹や脚に布をまとった布掛け仁王をよく見かけるのですが、ビニール緊縛地蔵が居るとは驚きです。風は冷たかったですが日差しは良かったので、ビニールの下のお地蔵さんはムレていそうでした。

2014.03.09

  • 恋する水門
  • 佐藤 淳一【著】ビー・エヌ・エヌ新社(2007/08発売)
恋する水門 FLOODGATES
世界初・水門写真集!
日本中のあちこちにひっそり設置されている、水門。
色彩もいろいろ、デザインもいろいろ。
派手な自己主張をしないその佇まいには、そこはかとない詩情がただよう。
じっと見つめていると、いつの間にか癒されていく……。
そんな水門をいっぱい集めてみました。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ