GATABUTSU

仏教と音楽 てらぱ!vol.4

投稿日 2013年12月31日 火曜日

コメント コメント(0)

カテゴリイベント情報など

タグ | |


11月の末、長岡市で開かれた仏教と音楽がコラボしたイベント「てらぱ! vol.4」に行って来ました。てらぱ!とは浄土真宗の若手僧侶がはじめた縁を音楽で繋ぐイベント。

今回は 消しゴムはんこのお坊さんとしてその筋ではお馴染み、諸行無常ズ 麻田弘潤さんのワークショップも合わせておこなわれました。
と、その前にまずはいつもどおり読経から。
今回の会場はライブハウスなので、背景にはドラムやらの機材が。千手観音ドラム!(宗派違いのため登場せず)

読経のあとは消しゴムはんこのワークショップです。
「仏教と音楽がコラボしたイベント」とかゆってんで、ワークショップとは言っても30分くらいでなぞる程度の消しゴムはんこ講座なんだろう…と思っていたんだけど1時間半の本格的なワークショップ。
彫刻刀握って版画を彫るなんて、子どもの時以来だったんで楽しめました。ハンコ彫りも集中力が必要なんで、終わったあとには頭がスッキリしますね。

で、私の作品。
固さが残りますが、先生が良かったので初めてにしては上手くできました。もうちょっとこう、仏さんの丸い優しい感じが出せればと。

先生が用意してくれた下絵をトレースして彫っていくので、初めての人でもそれなりのものができるようになっています。新潟ローカルの表現ならば、託児所があって親切指導な自動車学校。

自分の名刺が置いてあるのは、ロゴを彫って使いまわしてみようかなと思ったから。貪欲。俺、貪欲。でも、そんな余裕はとてもありませんでした。

流石に先生は鮮やかな手つきです。
仏さんを彫った切れ端の消しゴムを使ってサササッと後光や蓮華座を彫ってました。シャレてます。

諸行無常ズの仏像ハンコ的には、この切れ端も大事に使うのがポイントなんだとか。
捨てられてしまうような切れ端にも役割がある、役割を持たせることができる。そーゆー考え方が大事なんだ…と言うことをお話していました。

切れ端人生の私にはジーンときてしまう言葉です。

ワークショップ後はDJタイム。
飲みながらお坊さんと話す。お坊さんの話は深くて面白い。

友達もできて、今回も楽しい夜でした。主催者のksmくんありがとう。

2013.11.30

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ