GATABUTSU

慈眼寺の船岡観音

投稿日 2013年11月10日 日曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像

タグ | | |

タツノオトシゴ
木塀の穴を覗くと砂浜に立つ一人の男が見えた。地図上では山があるはずということよりも、覗き穴に向けられた矢印の先にある「やらせてくれるよ」という落書きと男の関係が気になり、僕はそこへ行くことにした。

書き出しに大した意味はありません。書き出し小説に囚われています。

小千谷市の街なかにある慈眼寺に行ってきました。
「じがんじ」ではなく「じげんじ」と読むようです。とても大きくて立派な山門。この山門を見に散歩に出るくらいの価値はあると思う。
そんな山門を写した写真は、家で見たら斜めになっていました。残念ながら御蔵入りです。

山門には力強い仁王さんが居ました。
もうちょっと肩の力を抜いたほうがいいですよ。腕が棒みたいになってるじゃないですか。
吽形阿行

山門くぐった正面の船岡観音堂には、船岡観音と呼ばれる聖観音像が居ます。
お堂の前に立てられていた看板の説明によると、平安期の仏像のよう。薄暗いお堂の中で淡い黄金色の光に照らされて浮かび上がる観音様。

お堂は閉じられていますので、例によって穴から覗きます。そんな私の姿が滑稽であったことは容易に想像できるのですが、覗き穴の先に居た観音様は神々しくもありとても綺麗でした。柏崎 妙智寺の聖観音さんと雰囲気がよく似ています。
毎月17日の夕方、九万九千日(8月9日夜)、新春ご祈祷(1月1日午前0時)にはお堂が開けられ護摩が焚かれるようです。
船岡観音

説明看板によると、水野敬三郎先生の調査が入っていました。

 慈眼寺は、寺伝によると天武天皇の白鳳年間、薩明大徳によって国家鎮護の道場として創建されたという。
 また、観音堂に安置されているご本尊、聖観世音菩薩は、大同年中たまたまお教えを弘めにこの地にこられた弘法大師が、衆生済度を念じて、一刀三礼、彫られたものと伝えられている。
(中略)
 元禄四年(1691年)には、御本尊を江戸に奉じて、出開帳したところ、参拝の善男善女が押しかけて引きも切らず、開帳法会を行うこと、ついに60日に及んだという。この盛んな評判を聞き、ときの五代将軍徳川綱吉公も、わざわざ参詣し、供養料として和歌一首を書いた扇子を奉納された。この扇子は、寺宝として現存している。
 平成の大修理(平成20年1月~5月)の際に、東京芸術大学名誉教授(新潟県立近代美術館名誉館長)の水野敬三郎先生から鑑定を受けたところ、出開帳の時、大々的な修補がおこなわれているものの胸腹部から両腕にかけては平安後期の本格的な作であることが判明した。
(後略)

境内にある説明看板より

お寺の裏手は船岡山。船岡観音という通称はこの山の名前からきているようです。
駐車場から道路に出てみると、緩やかに上り坂となっているのがわかりました。

船岡山へ

住宅地図

そして俺、この手の住宅地図が好きなことに気づく。さて慈眼寺はどこでしょう。かなり難しいです。

2013.9.14

慈眼寺(じげんじ)

仏像 聖観音(通称:船岡観音)
場所 〒947-0027 新潟県小千谷市平成2-3-35
問い合わせ先 慈眼寺(TEL:0258-82-2495)
拝観時間 境内自由。船岡観音は開帳時のみ。
拝観期間 毎月17日の夕方、九万九千日(8月9日夜)、新春ご祈祷(1月1日午前0時)
拝観料 志納
公式サイト 慈眼寺のホームページ
新潟県小千谷市平成2丁目3−35

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ