GATABUTSU

頭もぐるぐるとヒンドゥー教の乳海攪拌を思い浮かべ

投稿日 2012年8月31日 金曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ佐渡の仏像

タグ | | | |

子供のころ自分が家を建てるなら『家の中に入った…と思ったら外だった』というような家を建てたいと思っていました。
どこでもドアのイメージが強く頭の中にあったからなのでしょうが、『ドアを開けると予想外の展開』 …そんな意外性のある建物に非常に憧れがありました。
最近では、素敵なお宅拝見バラエティーな番組でも、こういったアクロバットな類の家を目にするようになりましたが、そんなお宅を見るたびに
「おっ。あなたもドラえもんの影響を受けてるんですね。」
なんて勝手に思っているのです。

さて、そんな”家の中の外”に憧れる私が、ドラえもんが産まれる何百年も前に、
『家の中に家』
を実現したお寺に行ってきました。

場所は佐渡の慶宮寺。

日本海でとれた新鮮な魚介の寿司を喰らい、レンタカーで向かいました。冬を間近に控えた佐渡の空は残念ながら曇り空。

目的の『家の中に家』は八祖堂と言います。
本堂から少し離れた丘の上にあり、そこまでご住職に案内してもらいました。

「この道は、みうらじゅんといとうせいこうも歩いた道だな。ふたりはご住職との禅問答的な会話に困惑していたんだっけな。」

そう思いながら歩を進めると、どちらからともなくみうら氏の話題になりました。

「どうしてこのお寺に来ようと思ったんだね?」と、ご住職。
「あ、見仏記という本を読んで」
「みうらじゅんといとうせいこうが書いた本だね。本は持ってきたかね?持ってくればよかったのに。」

見仏記2 仏友編では、両氏がこの八祖堂を『仏も朽ちていく』という表現で語っていました。どうやらご住職はそのことについて何か言いたいことがあったようです。
時折興奮しながらお話をされる様子は、怒っているようでもあり、誇らしげのようでもあったのですが、結局のところ最後までどちらかは判断できませんでした。なるほど、確かに禅問答的なご住職ではあります。

八祖堂の扉を開けてもらい、中に入ります。

目の前にそびえ立つ『家の中に家』。テレテテッテテーン。

古くなり建て付けも悪くなっているお堂の扉を開けると、中にはもう一つのお堂がありました。お堂というよりかはむしろ塔のよう。

外のお堂は確かに朽ちていると表現してもおかしくないような傷み具合です。ところが『家の中に家』のその中の家は、思っていたよりも新しく見えました。
木肌の色のせいなのでしょうか。それはむしろ、新品のようでもあります。

しかし、近寄って見るとたしかに朽ちているのでした。
八祖堂の内陣は方形。その内陣に八角の回転厨子が置かれ、その各面に真言八祖像が安置されています。床下の棒を動かすと回転厨子は 360度回転し、その上層には金輪仏頂が祀られている特異な構造となっています。

八祖像のあるものは寄せて作った木の接着面がはがれ、またあるものは光背が首輪のようにかかりと、酷い状態でした。このあたりは野生動物もおおく、テンなどがこのお堂内に侵入し、損害を与えるともいいます。しかし、市の文化財保護だとかの条例が逆に邪魔をし、そういった損害を防ぐための修繕ができないのだと、ご住所は非常に憤慨していました。

天井の装飾がとても綺麗です。あいにくの曇り空でしたが、青空のときは扉から入る光に照らされて、もっと綺麗に見えるのだとか。

私も友人も天井に見とれていると、ご住職がふいに
「回していいよ」
と声をかけてくださいました。
目の前にある八祖堂を回してもいいらしいのです。

見仏記ではみうら氏たちも回していたようですが、別に取材に来ているわけじゃない私達でも回していいらしい。いいんすか。なんというサービス精神なんでしょう。

お神輿の担ぐところのような木の棒を持ち、力を入れるとゆっくりと回転厨子が回り始めました。テレテテッテテーン。
あー、でもゼルダの伝説の効果音のほうが似合う。

ゆっくりゆっくり回します。

『こいつ・・・動くぞ』

手には少し重みを感じます。時代の重みなのか、物理的な重みなのか。まわるまわるよ、時代は回る。頭の中では、中島みゆきの時代が流れ、いろいろなものがかくはんされてごちゃまぜです。

八祖堂を後にし、次の約束のあるお寺へ向かうために、車へ乗り込みました。
ご住職は車が出るまでいつまでも見守っていてくれている。ナビの操作がおぼつかない私は、申し訳なくなってとりあえず車を出した。お寺が見えなくなってから次の目的地をセットするために、改めて車を停めたのでした。

2011.11.13

慶宮寺(けいくうじ)

仏像 真言八祖像
場所 〒952-0212 新潟県佐渡市宮川457
問い合わせ先 慶宮寺(TEL:0259-66-2481)
拝観時間 要連絡
拝観期間 要連絡
拝観料 志納
公式サイト 佐渡  慶宮寺
新潟県佐渡市宮川457
  • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
  • みうら じゅん, いとう せいこう
仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう…と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。
新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ