GATABUTSU

懐かしの のぐQ のそばには重文の一鎮

投稿日 2011年8月18日 木曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ上越地区の仏像

タグ | | |

一鎮倚像の足

ここ数年のゴールデウィークは実家で田植えを手伝って(眺めて)います。
僕が子供のころの田植えは、何日もかけてと結構大変な作業(今でも大変っちゃー大変なのですが)だったのですが、道路ができたり両親が歳をとったりで管理する田んぼも随分と少なくなり、ちょっとした家族イベントの色が強くなってきています。

今年は例年より1週間遅れの田植えでした。手伝いと称しつつ、ちっとばかしの”はじうえ”をしたら、あとは息子ちゃんと用水路を探検したり雑草の中から食えそうなアスパラを探したり(母親は畑でもなんでもないところに種を撒いているようです)と、サラリーマンは気楽なもんです。

車の運転があるんで酒の飲めないぐぬぬな宴会が終わった後は、近所の称念寺へ。家から徒歩圏内の近さ。

このお寺の前の道は、保育園のころから高校生のころまでよく通った道。こんなところに慶派の上人像があるなんて、当時は思いもしませんでした。

自転車を漕ぐと、細部こそ変わってはいるものの、頭の深いところに焼き付いた見覚えのある風景。
そしてなにより、この「のぐちの灸」の看板に見覚えがありました。同級生が近所に住んでいて、全然違う苗字なのに、「のぐちのQ」ってアダ名をつけてたんだ。確か池田さん。

のぐちのQ

お堂にあがり、ご住職に近所のものだということを伝える。農村部のお寺だったりすると、ウチの実家の話しやらで多少な盛り上がりもあったりするんだけど、住宅地なこちらのお寺ではそれもなく、一鎮倚像の説明をしていただきました。

特別に写真を撮らせていただいたんだけど、「公開とかしないでね」的なことを先に言われてしまったので、お寺の前にある看板の写真などを。
看板にはこの一鎮倚像について次のように解説されていました。

称念寺の開祖とされる一鎮(1277~1355)は越後妻有庄(現在の十日町市)の出身で、時宗の開祖一遍(いっぺん)から数えて六代目の遊行上人である。本像は寄せ木による等身の木彫像で、合掌する姿は時宗の上人像の特徴を示す。京都長楽寺の重要文化財七件などが伝来しているが、倚像(椅子に腰掛けた像)である点、類例は極めて少ない。写実性豊かな頭部の表現から、仏師運慶の技法を継承した京都七条仏所による制作と判断され、慶派の肖像彫刻として、県内唯一の貴重な遺品である。称念寺は元来、直江津の国府にあったが、高田開府とともにこの寺町に移った。本像は彫刻史上の価値とともに、今はない中世越後国府の謎を多く物語っている。

称念寺前の看板より

玉眼で本物の草履を履いています。等身大とのことなんだけど、非常に小柄で小顔。まるで生きているかのような顔と、刻まれた皺。
彫刻としてみてしまうと、法衣はちょっと固い気がして、重装甲系のモビルスーツのよう。ズサとかそーゆーの?よく知らんけど。

このお寺のある高田寺町は63カ寺もの寺院が密集している全国的にも稀な寺院群。一鎮倚像が重文指定されたのも1999年と比較的近年。まだまだ素敵な仏像などが埋もれているかもしれませんね。

2011.05.15

称念寺(しょうねんじ)

仏像 木造 一鎮倚像(もくぞう いっちんいぞう)(国指定重要文化財)
場所 新潟県上越市寺町2-11-12
問い合わせ先 称念寺(TEL:025-523-4589)
拝観時間 要連絡
拝観期間 要連絡
拝観料 寸志
公式サイト なし
新潟県上越市寺町2丁目11−12

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ