GATABUTSU

不動と天狗と山伏と

投稿日 2011年4月21日 木曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 木喰

タグ | | |

index110420

この日は魚沼見仏。
龍谷寺を出たあと、すぐ近くの大崎院(だいきいん)へ向かいました。

iPhoneのマップに住所を打ち込み、それをたよりに向かったのですがなかなかたどり着きません。目的地付近には到着しているはずなんですが、それらしいお寺は見あたらず、車を運転しながら嫁ハンと「やべー、なんかのワールドに迷いこんだ。てか、何ワールド?ザ・ワールド?」「なるほど」とか、自分の人生よろしく道に迷う始末です。いろいろと冴えません。
一向に見つからなかったのもそのはず、大崎院さんは一見すると普通の民家と間違えてしまうような佇まい。
この日の天気は霧、ときどき小雨といった模様。嫁ハンは車の中で待っているというので、息子と二人でテクテクと歩いて大崎院さんにお邪魔しました。

Photo 4月 20, 12 42 46

こちらには木喰88歳作の3体の仏像があります。左から吉祥天、不動明王、大黒天。不動さんは木喰自身が木食戒を受けるまで厳しい修行時代を過ごしたとされる大山の字を冠し「大山不動尊」と呼ばれています。

前述のようにこの日は霧と小雨で薄暗い一日。ご住職は仏間の電灯はつけずに、不動さんを手持ちのスポットライトで下から照らしあげてくれました。なんという俺好みな演出。
薄暗い部屋の中で下から強烈なスポットライトで照らし出される不動さんは、迫力5割り増しの様相でこちらに迫ってきます。邪悪な心や煩悩を焼き浄めよと言わんばかり。

木喰不動は始めてお目にかかったのですが、火焔光背が絶妙ですね。一般的な不動さんの光背は、小さな炎が沢山集まりメラメラと燃えさかっているような感じだと思うのですが、木喰さんの火焔光背は非常にシンプルで、二つの炎がゴォーーーーーッと立ち上っています。前者をメラメラゴーと呼ぶならば、木喰不動はゴーッゴーッっと。あんま文字づら変わらん...いや、なんというかこのシンプルな曲線で表現された二つの炎が、天に昇っている感じが好みなのですよ。
斉の神の炎を見ているようです。

Photo 4月 20, 12 42 21

ふと、先日、同じ子育て世代のパパさんとこんな話しをしたのを思い出しました。
「今の子供って、お寺の境内とかで遊ばないじゃん。悪いことしたら地獄に堕ちるとか、教えられないじゃん。よくないよね。地獄教えたほうがいいよ。ウチの子供なんか、悪いことしたときに地獄絵図見せると、泣きながらいい子になるもん。」
そうそう。地獄とかね、神様仏様の存在はね、ある程度子供ときから教えないとね。空の上から誰か見てる...って意識は大事だよね。
なーんて思っていたところで気づきました。

あ!やべっ。息子の存在忘れてた。

と、振り返ると、畳の上でおとなしく正座をしていたもうすぐ2歳になる息子。そうか、そうか。お前もお不動さんの前では、いい子にしなくちゃ...って思ったのか。少し前までは、お寺に連れてくると怖くて泣いていたのに、立派になったもんだ。

ていうか、夢中になりすぎてゴメン^^

頂いた名刺によるとこちらの宗派は本山修験宗。修験者の守り本尊である不動さんとともに、気になるものがひとつありました。

欄間で睨みを利かせている大勢の天狗様。お知り合いの方に、「お前山伏だから持っていけ」と、沢山渡されたとのことです。
霊峰八海山には、まだまだ天狗が住んでいるかも知れませんね。

まだまだ雪の多い魚沼でしたが、トミオカホワイト美術館では一足早い桜が散っていました。

トミオカホワイト

2011.04.09

大崎院

仏像 木喰作 吉祥天、不動明王、大黒天
場所 南魚沼市 大崎4347
問い合わせ先 大崎院 (TEL:025-779-2944)
拝観時間 要事前連絡
拝観期間 通年(要事前連絡)
拝観料 寸志
公式サイト なし
新潟県南魚沼市大崎4347

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • ジャパンホビーツール ニコン クールピクス P300 用張り革キット 4308 ニコンF2タイプ
    Image of ジャパンホビーツール ニコン クールピクス P300 用張り革キット 4308 ニコンF2タイプ

    愛用している NikonのデジタルカメラCOOLPIX P300の貼り革キットです。この値段で見違えるようにお洒落になりますし、グリップもよくなるので一緒に買うことをおすすめします。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ