GATABUTSU

インド、ハワイ、魚沼、龍谷寺

投稿日 2011年4月16日 土曜日

コメント コメント(1)

カテゴリ中越地区の仏像

タグ | | |

index110414

八海山に雪が残っているウチに、トミオカホワイト美術館に行きたいということで魚沼へ。

この日の魚沼地方はスゴイ霧でした。
晴れ渡る青空に雪の残った八海山という景色を見たかったんだけども、はからずともその霧のかかったモノクロの山々が、まさにトミオカホワイトの世界を表していた。

付近のお寺を調べていたら見つけたのが龍谷寺。
石川雲蝶の欄間や開運観音と呼ばれる観音様、はてはハワイから寄贈された観音様までがいらっしゃるとのことで、なにやら楽しそうです。

約束していた時間より少々早めに到着し、玄関にてご挨拶をすると、観音堂から入ってくださいとのこと。

観音堂はインドグプタ王朝の様式を取り入れた、独特の雰囲気。結構珍しいデザインだとは思うのですが、僕が昔通っていた保育園(真宗大谷派高田別院の保育園)によく似た雰囲気で、どことなく懐かしさを感じました。

ノコノコと春的な薄着で乗り込んできた私は、ふるえながら雪壁を通って観音堂に入ります。

中には開運観音が。観音様は、手のひらを正面に向けている状態で錫杖を持っていました。

握っていないのに、まっすぐに立つ錫杖。

覚りを得た仏陀には、三十二相とよぶ尊い外見的特徴がそなわっているとされます。
この摩訶不思議な錫杖もその一つでしょうか?
それとも、これこそがインドグプタ式開運パワーなのでしょうか?
開運スポットにて悩みがひとつ増えてしまうとは、なんたる不運な僕。でも、これがわかったときにこそ、真の開運パワーが得られると信じて先に進みます。

開運系のスポットではお賽銭の置かれ方をチェックします。
鎌倉長谷寺の弁天窟では、奉納弁財天が石造りの弁財天を埋め尽くすように置かれていました。南魚沼の雲洞庵では、ハニワの前に整然と並べられるお賽銭を見ました。
こちらでは、仁王様の首飾りの上に、うまくバランスをとってお賽銭が置かれています。

開運・福徳を得られる場所では、より仏様に目立つようにお賽銭を置くことで、いっそうの御利益をうけようとする人間の心理を垣間見ることができます。

予定時間より早く訪問してしまったためか、ご住職は不在で、放置プレーのフリースタイル参拝となりました。
こちらのお寺、本堂の石川雲蝶の欄間が有名。
永林寺の天女では、背中の柔らかさで既婚と未婚の女性を彫り分けていたそうですが、こちらではその柔らかな彫りを、草木にいかんなく発揮しています。雲蝶の彫った欄間と他のものを比べると、その差は歴然。柔らかくふんわりと彫られた草木は、風が吹いたらそよぐ音が聞こえてくるのではないかと思えるようなものでした。

開山堂・羅漢堂の前には弁財天らしき仏像が。年代も由来もわからない仏像ですが、そのミニチュア・箱庭的様相は私好みで、しばらくの間じっとその姿を眺めていました。

そして、本堂の奧には鈴木恂氏設計の妙光堂。
説明書きには、「明治後期大正の時代に竹内勝山により謹刻された百二十余体の仏像を泰安するお堂」とあります。

お堂に入って、私は思わずニヤケてしまいました。コンクリート製のモダンなお堂の中は間接照明で照らされており、沢山の仏像がずらーっっと並んでいます。
どうやら檀家さんが施主となって、自分のお気に入りの仏像を作り、それを安置している場所のようです。
興福寺の阿修羅を模したものや、雲中供養菩薩などメジャー仏が沢山あるなかで、僕はこの仏像にこころを奪われてしまいました。

ハイスクール奇面組の二頭身的に縮んだやつを模した仏像なのでしょうか。アンバランスなまでに大きめな頭をちょっと横にかしげ、ボーイスカウト的なスカーフを巻き、髪型は南部虎弾。
きっと奇面フラッシュとともに光背が浮かび上がり、この仏像本来の姿が完成されるのではと思いました。

帰り際、おばあさんにハワイから寄贈された観音様のことを尋ねたところ、現在はこちらのお寺から魚野川を隔てた別のお寺に祀られているとのこと。
インドグプタ様式の観音堂から始まり、雲蝶の欄間が見事な本堂、そしてコンクリート打ちっ放しな現代建築の妙光堂と、いろいろな顔を見ることができた龍谷寺でした。

2011.04.09

龍谷寺

仏像 十一面観音像、弁財天など
場所 南魚沼市 大崎
問い合わせ先 龍谷寺 (TEL:025-779-2020)
拝観時間 9時~16時
拝観期間 無休(寺の行事の時以外)
拝観料 200円
公式サイト なし
新潟県南魚沼市大崎3455

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

“インド、ハワイ、魚沼、龍谷寺” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    龍谷寺の山門から本堂に至る僅かな参道には杉の大木が沢山あったが、伊勢湾台風でほとんど倒れ、面影は本堂裏に何本か見られます。

    当時、駒形禅宗の粋な計いで8月になると子供を対象に、おせがきという企画でお経を読んだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ