GATABUTSU

与板・山沢の阿弥陀如来は仏々交換だった

投稿日 2010年12月12日 日曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像

タグ | | |

index20111212

新潟日報を読んでいたら、与板地域に伝わる阿弥陀如来の記事がのっていたので、お参りに出掛けてきました。

場所は、与板・山沢の集落センター。祀られている仏像は阿弥陀如来で、集落センター前の看板には、次のように書かれていました。

宝寿庵阿弥陀如来像(与板町指定文化財第五号)
宝寿庵のご本尊ので、古くからこの地方の信仰の厚い仏像である。お顔は円満具足の相をそなえ、全体のプロモーションから奏でられるのはやわらかく、やさしく、一切衆生への慈悲である。
平安時代の余風を存した仏像で、胸は平たく抱擁力に富んだ広さを感じさせ、坐像で膝高は低く、袖衣(しんい)もほどよく整えられ、全体になめらかな刀法で出来ている。
浄土教特有の木彫の阿弥陀如来坐像で、第一指と第二指を捻じ(ねんじ)膝の上で、組み合わせた上品上生印をなしていた。
鎌倉時代では坐像より立像に変わっていくが、地方では鎌倉期でも坐像の阿弥陀如来像もあり、時代的・地方的作例としても貴重なものであります。

像は高さ約90センチ。鎌倉時代の作と推定されています。金箔も少し残り、白毫と肉髻珠には水晶的なものがはめ込まれています。台座は少し破損が進んでいるようでした。

阿弥陀如来坐像

この阿弥陀様、元々は同じ山沢集落の山あいにあった宝寿庵のご本尊だったそうですが、管理ができなくなったために、この集落センターができたときにこちらに移してきて、それ以来、共同で管理をしているそうです。

言い伝えによると、元々宝寿庵では観世音菩薩が安置されていたのですが、お告げがあり船に乗せて奈良・吉野に運ぶことにしたそうです。するとその道中、目的地である奈良・吉野から同じようにお告げに従い、山沢へ如来像を運んでいるという人達に出会いました。そこで、その場でお互いに像を交換し、阿弥陀如来は山沢の宝寿庵で安置されることとなったそうです。この像は、慈覚大師の作と言い伝えられているそう。

春と秋には、お寺さんを呼んで精進料理を食べるというお祭りがおこなわれているそうです。

阿弥陀如来坐像

顔つき、体つきともにどっしりとしてバランスもよく、男っぽい阿弥陀様でした。

与板といえば、巨大な大判焼き。商店街の石黒大判屋で、こぶしのような巨大な大判焼きを買って帰りました。これ食べると、晩ご飯食えなくなるくらい、お腹いっぱいになります(笑)...食いますけど。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ