GATABUTSU

元三大師鬼モード

投稿日 2010年11月24日 水曜日

コメント コメント(6)

カテゴリ中越地区の仏像

タグ | | | |

 先日、仏像好き仲間とお酒を飲んだときに、元三大師という昔のお坊さんの名前が出てきました。
 その時点ではあまり詳しくはなかったのですが、何か心に引っかかるものがあったのです。

 そしてこの間、夜眠れずに2006年に開催された「新潟の仏像展」の図録をペラペラとめくっていたら、1枚の小さな写真に目が留まったのです。

 加茂市雙璧寺(双璧寺)の元三大師。

 巡り合わせとかってこういうことをいうんですね。それか、なんとか効果(ほら、朝から「赤・赤っ!」とか思ってると赤い車やら、赤いポストやら、ロボット8ちゃんに目が留まってしまう”なんとか”です)。

 で、さっそく休みの日を待って、見に行くことにしました。

 元三大師は本来の名前を良源というお坊さんなのですが、亡くなった日が1月3日=元三なので、元三大師と呼ばれるようになったそうです。元三大師には伝説化された不思議な話があり、元三大師の他にも角大師や豆大師、降魔大師、魔除大師など様々な呼び名があります。この良源というお坊さん、鬼の姿に変化して疫病神を追い払ったという伝説があり、このときのお話から「角大師」という呼び名が生まれたようです。2本の角をもち、骨と皮とに痩せさらばえた鬼の像を表わした絵は、魔除けの護符として、今でも比叡山の麓の坂本や京都の民家に貼られているとのこと。

 ”おみくじ”をつくったのも、この元三大師だそうですね。

 こちらのお寺の元三大師、元々は一般の方が古物商から買い取り蔵に入れておいたところ、あまりにも怖かったためにこのお寺に寄進されたというものらしい。寺伝では、奈良の白毫寺伝来らしいのですが、大学の先生が調べたりX線あてたりしても、断定はできなかったらしい。鎌倉時代に修理した銘文はあったそうですが。

元三大師鬼モード

元三大師鬼モード

 元三大師の仏像、僧侶の形をしたものが多いそうなので、こういった鬼モード「角大師」の形態は非常に珍しいとのこと。前述のように、出所不明な部分もあり「”伝”元三大師」となっているそうなのですが、本当に奈良の白毫寺伝来な元三大師だと判明したら、その形状の珍しさからも国宝級なのではないかとご住職もおっしゃっていました。

 結構、破損も酷く進んでいるのですが、市指定文化財では修復費用もでないとのこと。もっと文化財保護にも理解をしめしていただきたいところです。

 針のように鋭く尖った髭は、比類無き剛毛で 首振りヘッドに3枚歯の電気シェーバーでも太刀打ちできないでしょう。竹ひごを細く尖らせて突き刺してあるそうです。また、一般的な元三大師は独鈷杵(とっこしょ、仏具の一種)を持っているようですが、こちらの元三大師は三鈷杵(さんこしょ)で、おまけにそこから剣がのびています。おそらく、フォースが実体化したものかと。

元三大師鬼モード

元三大師の持つ三鈷杵

 本堂には持国天と多聞天の二天。こちらも鎌倉時代の作。
 多聞天に踏まれている邪鬼さんは、頬にたて肘をつき、どことなくアンニュイな雰囲気を醸しだしていました。

持国天

多聞天

多聞天に踏まれてる邪鬼

 お参りをしていましたら、『仏像が好きなら、只見のマスオカさんを尋ねるが良い』と、ご住職に言われました。なにやら突然始まったドラクエですが、私、結構メモを取り忘れたり、詳細を聞き逃してしまったりするタチなので、このマスオカさんは謎のキャラとなってしまいました。どうしよう、「すいもんの鍵」を持っている人だったら...

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

“元三大師鬼モード” への6件のフィードバック

  1. momococks より:

    こんにちは。
    いつもTwitterでお世話になってます。
    ガタブツさんのBlog面白いですねww

    東北地方のお寺は未訪なのですごく興味があります。カワイイ四天王さんですね。わたしもマスオカさん気になりますw

  2. gatabutsu より:

    桃さん!こちらこそ、お世話になってますー!
    マスオカさん、気になりますよね~。仏像の修理などをされているかたのような気がするのですが、そのあたりの話すら、思い出せない...w

    面白いとか言ってもらえると、マジ嬉しいです。なんか、はげみになります!
    あと、新潟は 北陸地方 か 甲信越地方 です(キリッ ← まだ、かなり曖昧

  3. とおる より:

    マスオカさん・・! 気になります!

    マスオカ・クエストの旅に出る際には、ぜひパーティに加えて頂きたいです。
    ルイーダの酒場で毎晩呑んだくれてる、メンタル的に吟遊詩人なキャラが私ですので・・・。

    それにしても、この邪鬼さんは素晴らしいですねぇ。
    こういう「オレは踏まれてるんじゃなくて、踏ませてやってるんだぜ」って表情の邪鬼は大好きです!

  4. gatabutsu より:

    >とおるさん
    マスオカ・クエスト、宜しくお願いいたします!(笑)
    当方、遊び人キャラですので、行く先々で「お酒飲めないっすかね~」とか言いだしますが・・・

    邪鬼さん、いいオーラを放っていました。
    お参りをしていて、ふと多聞天の足下を見たら「やれやれ、ようやく俺に気づいたか...しっかり、おがんどけよ~」と・・・いわんばかりに、こちらへの視線が。

  5. nagnag より:

    通りがかりの者です。突然にすみません。

    たぶんご住職がおっしゃったのは
    「只見のマスオカさん」ではなくて、「田上の松岡さん」では?
    「仏像文化財修復工房」を立ち上げていらっしゃる方で、
    ホームページもありますよ・・・

  6. gatabutsu より:

    >nagnag様
    おぉーーーっ!まさか、こんなところでマスオカクエストのヒントをいただけるとは...というか、答え(笑
    私、地名も名前も聞き間違えていたんですね。今度からしっかりメモ帳を握りしめておこうと思います。

    サイトはこちらですね。ありがとうございます。読ませていただこうと思います。
    仏像文化財修復工房
    http://www.h7.dion.ne.jp/~butsuzou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ