GATABUTSU

牧之通りで木喰さんを抱っこしてきました

投稿日 2010年11月12日 金曜日

コメント コメント(2)

カテゴリ中越地区の仏像, 木喰

タグ | |

 塩沢の宿場町を雁木で再現した牧之通り。
 この牧之通りにあります中島家に、木喰唯一の明見菩薩がいらっしゃるとのことで、出掛けてきました。

塩沢の牧之通り

 北極星あるいは北斗七星を神格化した明見菩薩は、国土を守り、災いを除き、眼病を平穏するという仏で、木喰上人の生きた江戸時代には庶民に広く信仰されていたものだそうです。越後放浪末期の文化2年(1805)、木喰当年88歳のとき、三国峠を超えて上州(群馬県)へ行く途中の塩沢で刻んだものと言われています。

 中島家奥様のお話では、もともとは同じ塩沢の吉里というところにある、正光寺というお寺で祀られていたものだそうですね。

 お屋敷にお邪魔すると、越後上布の着物などとともに木喰さんがいました。

中島家の明見菩薩

中島家の明見菩薩

 奥様のお話を伺いながらお参りなどをしていると、

 ふいに奥様がウチの息子に...「坊ちゃん、帽子を取ってみましょうか」と。

 そして、おもむろに木喰さんを持ち上げ、息子ちゃんのおでこを木喰さんの頭でナデナデナデ。この木喰さんで頭を撫でてもらうとご利益があるらしく、昔からよくこのようにされていたとのこと。

中島家の明見菩薩で頭をナデナデされる息子ちゃん

 
 それにしても突然の出来事に一瞬何が起こったのかわからず、... きょとん... 一瞬の出来事だったので、もう一回写真を撮らせてもらいました。(笑)
 よい記念になりました。

 私も木喰さんを抱っこさせてもらいました。
 木喰仏は浮き輪やソリになっていたとの話しも聞いてはいたのですが、まさか自分が抱っこしたりすることができるとは...重さ自体は結構軽かったのですが、江戸時代から繋がってきた木喰仏とその土地との関わりの中に、自分も少しだけ触れることができたような気がしました。

中島家の明見菩薩

 こちらは、いわゆる「木喰さん」とは「別の木喰さん」が彫ったという大黒様。手のひらサイズで、カワイイ。御利益あるかなw

中島家の大黒様(いわゆる木喰とは別の木喰が彫ったもの)

 中島家を出た後は、目の前にあるオオギヤカフェへ。近くにある青木酒造さんの蔵を改装してつくったカフェだそうです。
 焼き肉丼などをいただきました。おいしーーーv(≧∇≦)v

オオギヤカフェ

オオギヤカフェの焼肉丼

 半年ほど前に、こちらの牧之通りを訪れたときには、「もうちょっとご飯食べたり、落ち着いてゆっくりくつろげるお店なんかが多いといいな~」なんて思っていたのですが、もぅバッチリです。
 塩沢の牧之通り、オススメです(^^)b

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

“牧之通りで木喰さんを抱っこしてきました” への2件のフィードバック

  1. とおる より:

    おお!
    抱き仏&手乗り仏!!!
    仏像好きには最大の悦びですね・・・うらやましい・・・。

    最近、好きなだけ触ったりできる仏像が欲しいなぁ・・・とか思って、たまに古美術店をウロウロしちゃったりなんかしちゃうのですが、部屋に仏像なんか置いてしまった日には
    「初めて彼の部屋に遊びに行ったら、仏像があって『怖っ!』て感じでした(20代女性)」
    ・・・などと、オトメスゴレンあたりでネタにされちゃいそうですので、見てるだけでガマンしています(苦笑)。

  2. gatabutsu より:

    別の木喰仏さんが祀られているところでも、ご住職さんが おもむろに持ち上げたり 裏返したり するところは見たことがあったんですが、 それを見ながら「ぜひ私にも触らせてください...」とは言い出せなかった、内気なワタクシ(笑
    今回は、本当によい機会に巡り会えました。

    マイ仏なんですが、最近、小学校のころにつくった「はりこのお面」がむしょーに作りたくなってます。 折角なので、お面をつくったら次は、仏に手を出してみようとも...現代解釈な脱活乾漆ってところで(笑)

    最近 やるやる詐欺、行く行く詐欺になりがちなんで、時間をちゃんと工面して ほんとにつくってみたいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ