GATABUTSU

木喰タクシーで寶生寺へ

投稿日 2010年11月08日 月曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 木喰

タグ | |

 11月いっぱいで木喰タクシーが終わってしまうので、やっとこさ出掛けてきました。

木喰タクシーの案内板(長岡駅)

 木喰タクシーとは何かというと...
 長岡駅発着の予約制乗合タクシーで、駅から木喰の西国三十三観音が居る長岡市白鳥町の寶生寺(宝生寺)まで、なんと100円という破格の値段で往復してくれる観光タクシーなのです。

 予約時間少し前にタクシーに乗り込み、寶生寺へ向かいます。寶生寺へ伺うのは2年ぶりの2回目、前回伺ったときは、とても暑い夏の日でした。

 お寺へ向かう道中も、タクシーの運転手さんから、いろいろな長岡の名所やイベントについてのお話を聞くことができて、とっても楽しい。この木喰タクシー、市内のタクシー会社さんが持ち回りで配車を行っているそうなのですが、今回担当してくださったカンコーさんは、全員、木喰についても説明できるように社内教育をされているそうです。この日の運転手さんは、個人的にも木喰さんがお好きなようで、木喰トークで盛り上がりました(笑)

 お寺に到着すると、収蔵庫兼木喰堂は大混雑。丁度、20名ほどの団体さんと長野からのお客さんに、ご住職が説明をされているところでした。ご住職のお話では、今は第三次木喰ブームだそう。第一次は、木喰を世に広く紹介した柳宗悦さんの時代、第二次は五来重さんが「微笑仏―木喰の境涯」をいう本を出版した時代、そして今の第三次ブームだそうです。

寶生寺 木喰堂

 こちらには、西国三十三観音像(うち1体は明治の火災の際に盗難に遭い、現在32体)と自刻像が残されています。30体を超える木喰仏の群像は、寶生寺を含めた新潟の4カ所でしか残っておらず、その圧倒的な迫力と、それでいてほっこりと落ち着く空間には、驚かされます。
 この33体の仏像は、一本のイチョウの木から彫り出したそうなのですが、上前島金毘羅堂にある36体の木喰仏は、こちらの33体を彫り出した残りのイチョウの木で彫ったとのこと。とても大きな木だったんでしょうね...(ちなみに現在は、このイチョウは残っていないそうです)

 木喰87歳 円熟期の作で、仏像としての彫りも見事。長野からお参りにいてきたおじさんは、「雰囲気は小栗山の木喰観音堂だけど、彫りは寶生寺の木喰が最高だ!」と熱く語っておられました。

寶生寺西国三十三観音と自刻像

寶生寺 如意輪観音

寶生寺 馬頭観音

※特別に許可をいただいて撮影をしました。通常は撮影禁止です。

 木喰の自刻像は、他のものと違って何やらツルツルしているので、気になってご住職に伺ったところ、その昔はこの自刻像で占いのようなものをしていたらしい。お願いごとをしながらこの木喰仏を持ち上げると、願いがかなう場合には軽く持ち上がるんだそうです。みんなに愛されている木喰仏らしくて、素敵です。なんだか、願掛け石みたいですね(笑

 この木喰タクシー、11月末までの土・日・祝日に運行。まだまだ間に合います!興味のあるかたは、是非。

関連リンク

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ