GATABUTSU

五智国分寺の五智如来

投稿日 2010年9月30日 木曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ上越地区の仏像

タグ | | | | | | | |

 実家に帰った合間の時間を利用して、五智国分寺にやってきました。

 仁王門には近所のおじさんっぽい顔の仁王。少年野球の監督とかによくいるタイプです。

近所のおじさん的仁王(あ!)

近所のおっさん的仁王(うん)

 3累ストップな。

 こちらは水球を司る地蔵。この8月には、お隣の柏崎市で水球クラブチーム「ブルボン ウォーターポロクラブ柏崎」が発足したばかり。選手のみなさんは、是非ともこちらの地蔵にお参りをしていただきまして、五輪を目指していただければと思います。

水球を司る地蔵

 本堂に向かいます。実は、こちらの五智国分寺には過去2回ほど来たことがあるのですが、どちらの日も本堂の扉は閉ざされていて、中にいる五智如来にはお会いすることができなかったのです。今回は3度目の正直。

五智国分寺の本堂

 今回は、扉は開いています。ようやく五智如来に会うことができました。

 この五智国分寺は、昭和63年の火災で本堂もご本尊も焼けてしました。そういえば子供のころ、地元のニュースでも取り上げられ、大騒ぎになったのを覚えています。このお寺は天台宗で檀家のないお寺だそうなので、寄付によってこれまで少しづつ再建をおこなってきたとのこと。本堂から再建をはじめ、ご本尊も一体づつ再建し、ようやく3年前に勢揃いしたそうです。

 五智如来とは、大日如来の五つの知恵を表す五仏。こちらの五智国分寺では、向かって左より阿弥陀如来、薬師如来、大日如来、宝生如来、釈迦如来と焼失前と同じ並びで並んでいます。
 京都の東寺など一般的には、阿弥陀如来、阿しゅく如来、大日如来、宝生如来、不空成就如来の五仏で五智如来のようなのですが、胎蔵界と金剛界の違いによって、五体の如来名が違ったり時には混同されたり、他の如来像に代行されている場合もあるそうです。
 こちらでは、阿しゅく如来の代わりに薬師如来、不空成就如来の代わりに釈迦如来が祀られています。阿しゅく如来は一般の信仰として、病気を治すというご利益がクローズアップされおり、これは東に位置することから、同じく東方浄土の教主である薬師如来と同体と考えられているからのよう。また、不空成就如来は釈迦如来の異名であることからの代行のようです。

イカスぜ、五智如来!

 阿弥陀如来は極楽往生の功徳、薬師如来は病魔を退散させる医薬の功徳、大日如来は太陽のように万物をいつくしむ功徳、宝生如来は福徳財宝・五穀豊穣の功徳、釈迦如来は智恵聡明の功徳を授けてくれる仏様です。
 中央は胎蔵界の大日如来です。大日如来の印相(手の形)は、二つの曼荼羅界で異なり、金剛界では智拳印を結び(「お先にドロンします」のポーズです。)、胎蔵界の大日如来は法界定印を結び(坐禅とかするときのポーズです。)、瞑想にふける姿をしています。

胎蔵界の大日如来(アカレンジャーつーことで)

 本尊は半丈六でヒノキの一本造りで、漆と金箔で古代色に仕上げてあるそうです。

 同じお寺の同じ時代の仏像って同じ顔に見えることが多いんですが、こちらの五智如来さんはみんなそれぞれ個性ある顔立ちをしていて素敵でした。あー、この人はちょっとぽっちゃりしてるしキレンジャーかな?さすがに大日さんは宇宙の中心だけあってアカレンジャーかな?などと。
 日本が世界に誇る戦隊もののルーツは五智如来にあるのかも知れません。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ