GATABUTSU

滝谷薬師堂でベルが鳴った

投稿日 2010年4月26日 月曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 秘仏

タグ | | | |

 春なのに春らしくない日が続く中、珍しく青空が見えた日曜日。
 12年に1度の御開帳を聞きつけ、出雲崎にある滝谷薬師堂に出かけてきました。

 大きな農機具格納庫の角を曲がり、細い道を車で進んでいくとお寺に続く石段が見えてきました。
 行き止まりとなっているその道には、数台の車が停まっています。ご老人と初老のご夫婦が1組。
 車、停めにくいな~?どうしよう?とか思っていると、ご夫婦がこちらを手招きしてます。

 「車、ここに停めていいよ~。新聞見てきたの~?アタシたちも、今、説明を聞かせてもらったとこなのよ~」

 いきなりフレンドリー。

 知らなかったのですが、どうやら新潟日報に御開帳の記事が出ていたらしく、それを見てご夫婦はここに訪れたようです。ご老人は、こちらの集落でお堂を管理されているおじいさんでした。

 ご挨拶をすませ、お堂への石段を上ります。石段の途中には、とても小さなお地蔵様と石仏がありました。こういう石仏にお花が供えられていたりするのをみると、地域から大事にされているお堂なんだなと感じることができます。

IMG_1059

IMG_1061

IMG_1060

 回向柱(えこうはしら)に巻き付けられたさらしは本堂の中へ伸び、御本尊の薬師如来の腕に結びつけられている。このさらしに触れることによって、御本尊に触れたのと同じ御利益があります。

IMG_1062

IMG_1063

 息子を抱きかかえ、さらしを握らせながらふと本堂をみると、正面の扉にはかんぬき錠がかかっているではありませんか。

 嘘、マジで?ご閉帳ですか?おじいさん、鍵閉めちゃったの?

 あわてて石段のところまで戻り、「すみませーん。本堂って入れないんですかー?」と叫ぶと、三方から声が帰ってきました。

 「開いてるはずだろ~?」と、右手からご近所のおじさん。
 「なんですの~?」と、左手からは畑に行こうとしていたおばあさん。
 そして、正面からは「閉めましたでの~」と管理をしているおじいさん。

 田舎特有のこの ほのぼの感 がたまりません。

 結局、おじいさんにお願いしてもう一度鍵を開けてもらい、本堂にあがらせてもらいました。

 正面の厨子には、ご本尊の薬師如来が安置されています。
 ヒノキの一本の素地仕上げで、座高は85センチほど。外観から、平安時代後期(藤原末期)の作と言われていますが、717年ごろ 例によっての行基様の手でつくられたという言い伝えも残っているそうです。

 写真撮影はダメだったのですが、丸顔で優しそうな顔をした薬師さんでした。

御本尊はこんな感じ

 お堂内にはご本尊の他に日光・月光、十二神将、四天王のうちの2体などが祀られています。どれも同じ時代、同じ木からつくられたものだそうなのですが、これまでの修繕によって、歴史的価値はなくなってしまったそうです。
 実際、その修繕の方針にもよるのでしょうが、ペッタリとポスターカラー的な色が塗られ昔の面影は既にありません。
 二体の四天王に踏まれてる邪鬼は、それぞれ赤と青に塗り分けられ、見事な赤鬼青鬼感を演出。

 おじいさんは「昔、当時のお金で100万円も出して修理したのに、上手な修理じゃなかったら色がはげてきてしまった。残念だ残念だ。」とおっしゃっていました。
 僕にとってはこのおじいさんの会話が十分な歴史的価値です。

 お話を伺いながら厨子の周りをうろちょろしていると、お堂の隅を指さし説明をはじめるおじいさん。

 おじいさん)「普段は防犯ベルをセットしてるんじゃが、今日は電源を切っているんじゃ。電源いれてみましょうか?」
 僕)「いや、いいですよ。鳴るんですよね?」
 おじいさん)「いやいや、ちょっとまっててくだされ。電源は向こうの部屋にあるんですわ。」
 僕)「いや、いいですよ。セコムとかくるんじゃないですか?」

 しばらく後に、お堂内に鳴り響く防犯ベルの音。

 おじいさん)「わっはっはっは。ベルはあそこにあるんですわ。わっはっは。」
 防犯ベルについて嬉しそうに説明をしてくださるおじいさん。なんつーか、お堂や仏像の話よりも防犯ベルのお話のほうが沢山聞かせてもらったような気がします。

 その日のお堂には僕だけでなく数人の参拝客が訪れていて、僕が参りをすませ石段を下りる途中にも初老のご夫婦とすれ違いました。

 ええ。車に乗り込むころには、また防犯ベルが集落中に鳴り響いていましたよ。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ