GATABUTSU

仁王の股くぐりで健康とは知らなんだ

投稿日 2010年1月04日 月曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 秘仏

タグ | | |

 新年二日目。

 お正月なのにテレビには”のいるこいる”がでる気配はなく、とっても暇でしたのでお寺参りをすることにしました。

 長岡市三島は逆谷(さかしだに)というところにある寛益寺(かんにゃくじ)という寺。
 自分の住んでいる町からはさほど離れていないのに、明らかに空気が冷たく雪も多いのです。
 あと、なんか町の様子が寂しくて、ここもちょっと金田一入ってる感じでした。
車で来たのですが、金田一的には無理をしてでも自転車で来るべきだったでしょうか。

 まぁ、田舎によくある風景なのですけれども。

 寺の前に車を停め仁王門へ。なかなかでかくて立派な仁王です。
多分だけど半丈六(2.4m)くらいでしょうか。
 山門の外から頑張って写真を撮ります。

SANY0269

SANY0271

 うろうろしてたら張り紙がしてあり、仁王を拝観したい人は声かけてくださいとのことです。
 すいまーせんと声をかけ、山門の中へ入れてもらいました。そういや山門の中に入るのって始めてです。

 格子に囲まれた狭い部屋で目の前は巨大な仁王ってんだから、それはもう圧倒されます。
 なんか、悪いことしてないのに「ハハァー」って気分になるのです。
 昔の人もそうゆう心理効果を狙ったんだとしたら、時を越えてまんまと思う壺な僕ってことなのでしょうか。くやしくてなりません。

 あとから教えてもらったんですが、この仁王の股の間をくぐると健康になれるとかなんとか。
 そういや山門周辺をブラブラしてたとき、たまたま居たどっかのおばちゃんが、「この股の間、子供のころくぐったわー」みたいな話してました。
 もっとちゃんと聞いときゃよかったと後悔です。もったいない。

 おまけに、茅葺きの山門を下から見上げると、細工彫りがしてあります。これはなんでも、数年前に葺替えをしたときに、東北の葺師が遊びで彫っていったものとのこと。うーん。これも事前に知っておけばもっと違った見方ができたかもしれません。
こういった細かいところにもいろいろな逸話があるので、寺めぐりなんかはクセになってしまうのです。

SANY0260

 このお寺には仁王の他にも、御本尊の薬師をはじめ、四天王や十二神将も揃っているとのことです。
 お願いしたところ、ご住職から収蔵庫に案内していただいただきました。

 厨子に入った薬師は秘仏。
 そして両脇を江戸時代作の日光・月光と平安、鎌倉作の四天王が固め、さらにその外側には左右6体づつの十二神将が睨みを効かせています。
 十二神将は平安時代作。

 同じ仲間の四天王でも、鎌倉作と平安作のものが並んでいるとやっぱ面白いのです。
 鎌倉作のものが造形も力強く彫りも細かいのに対して、平安四天王はどことなく滑稽。凛々しい鎌倉仏に比べてどうみても三枚目ですね。上下から顔を押しつぶされたクシャおじさん的な顔なのです。これは、踏まれている邪鬼についても同じでした。平安邪鬼は、なんつーかいろんな意味で「これ以上無理っwww」って感じなのです。

 十二神将も頭には干支を表す動物が乗っかっているんですが、やはり平安仏は細かい彫りができていなく、それがまたカワイらしい味わいを醸し出しています。
 (トラ → ネコ、ヘビ → ウンチ、その他 → おちんちん)

 秘仏の薬師如来は寅年開帳とのことで、なんと今年は12年に一度の御開帳なのだそうです。(5月9日からの3日間)

 ご住職にはいろいろと仏像のご説明などもしていただきました。

 薬師はもともと東の浄土にいる仏様。そして、十二神将の中で東を守るのは寅の大将っつーことで、寅年開帳になったとのこと。記録では江戸時代ごろには、もうこのペースでの開帳になっていたらしいとのことです。
 今の時代は、極楽浄土中心の考えで西を崇めているが(多分、末法思想だかの阿弥陀系の話をしてたんだと思うが)、薬師様は日の登る東をまつっていて、これから頑張っていこうってのが素晴らしいだとなんだのという話だったと思います。

 ご住職や奥様には寒い中いろいろと親切にしていただいて、大変よい参拝でした。

 この日は龍の口から水がジャバジャバでるやつも、水が凍るくらいの寒い日だったのです。

SANY0274

 ↑ これ、ジャバジャバ部分が凍ってるの。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントは受け付けていません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ