GATABUTSU

勝手に開けてみるがよい瑞天寺

投稿日 2009年5月10日 日曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ上越地区の仏像

タグ | | |

 大潟町の瑞天寺(ズイテンジ)というところにでかけてきました。

32038805_1636977777

 ここには行基作(出ましたねぇ)と伝えられる千手観音と聖観音、弘法大師作(またまたねぇ)といわれる不動明王、毘沙門天像などがあり、山門には樹齢400年といわれる大銀杏の老木がずっしりと立っています。
 宗派は曹洞宗。

 境内をうろうろしてみる。どうやらあのお堂の中に仏像が祀られているらしい。
 看板には「拝観を希望されますかたは、寺院に申し出てください。」とあるので、ご住職らしいおじいさんを探して声をかけてみたことろ、「勝手に開けてみるがよい」とのことです。
 オー!セルフサービスナノデスネー。

32038805_756984802

 なんか、かんぬき錠とかかかって、それなりに重厚なお堂の扉なんですが、勝手に開けます。扉を開けると正面には千手観音の坐像。両脇を不動明王と毘沙門天が固めています。
 扉を開けたこちら側から光りが差しているはずなんですが、一瞬、千手のほうから光が放たれたような錯覚に陥って、思わず「おぉ」と声を出してしまいました。
 それは、どの仏像も予想外に大きく、そして千手は地方仏にありがちなズッコケスタイルではなく非常に整った形をしていたからかもしれません。

32038805_462943400

32038805_400557762

32038805_4176144162

 千手観音は高さ1.75m(726年)
 不動明王と毘沙門天は高さ2.27m(808年)

 本堂にある聖観音も含め、それぞれの仏像は、何年か前に大規模な修理をしたらしく非常に綺麗な状態(それでいて、ヨゴシ感も維持しつつ)で保管されていました。

 今度は奥さんにお願いして本堂にあがらせていただきました。聖観音を見ながら奥さんとお話します。
 奥さん曰く、上越地区でこの時代のこの大きさの仏像がこの状態で残されているのは大変珍しいのではないかとのこと。
 とにかくお話してくださく話の大半が「火には気をつけないといけない」という話でした。

 小難しい話もいいけど、こういう話を聞けるってことが、昔からのお寺の大事な役割だったんじゃないかと思います。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントは受け付けていません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ