GATABUTSU

観音寺の即身仏さまとSな奥様

投稿日 2008年12月25日 木曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ下越地区の仏像, 即身仏

タグ | | |

 友人と二人で年末の村上に向かいました。
 この日の目的はふたつ。

  • 村上には、日本で最新の即身仏がいらっしゃるそうなので、ぜひ拝んでみたい。
  • 今の季節、村上は町のいたるところで軒下から鮭がぶら下がっているらしいので、是非食べてみたい。

 こんな面白そうなもの、ほっとく手はありません。

 村上駅につくと、まず目に入った観光案内所に入ります。即身仏がある観音寺には歩いていけるのかと尋ねてみると、「まずはこれを読んでいけ」と、まんが本をコピーしたようなものを渡されました。それは子供向けの学習マンガのようなものでした。
 タイトルは、「即身仏のひみつ」とかなんとか。なるほど事前に予習ができるようになっているとは、さすがサービス満点な村上市です。

 どうやら、観音寺には歩いていけそうだとホテホテと歩き出すと、目的地はふいに現れました。

 玄関を開けてご挨拶すると、ご婦人が出迎えてくれます。

ミイラがいるます観音寺

 「今、奥様を呼んできますからね~。奥様、口は荒っぽいけど、優しい人ですからね~。」
 とのこと。…口が荒い?はて、なんのことでしょうか?

 観音寺の即身仏さまは、仏海上人といいます。
 明治36年。76歳でお亡くなりになった後、結跏趺坐のお姿で厚板の木棺に納められ、観音堂裏の土中深く造られた石室に安置埋葬されました。昭和36年の夏、遺言によって発掘され、新潟大学にて調査研究が行われたといいます。
 上人が即身仏になろうと思われたときには、既に法律によって即身仏になることが禁止されていたため、やむなくお亡くなりになってから石室に入られたとのこと。
 また、遺言では死後数年で掘り出してくれとのことだったようだったのですが、そのとき既に墳墓発掘禁止令という法律があり、大学の研究グループによって発掘されるまでは、掘り返されることはなかったのです。

 即身仏となられてから100年ほど。日本で一番新しい即身仏なのです。

 ご婦人に言われたとおり、本堂で待っていると車椅子に乗った奥様が現れました。

 ご挨拶しようと思ったのもつかの間、奥様は速射砲のようにしゃべりはじめました。7割方何を言われているのかよくわからなかったのですが、その話のスピードと一方通行な感じが、ど~にもおばあちゃんに怒られているような気分になってきます。

 SかMかと問われれば、間違いなく「Mですが、それが何か?」と答える俺。SのおばあちゃんとMの俺、良い塩梅なのではないでしょうか。

 ふいにおばあちゃんが、「さぁ、そっちに行って仏海様を見ていけっ!」と言いました。

 え?何?

 と、左を向くと、居ました。仏海様が。

観音寺の即身仏

 (仏海様は撮影禁止。こんなイメージということデス。)

 以前、寺泊の西生寺に即身仏をお参りにいった際には、お堂+語り部+ご開帳の演出があったのですが、こちらはビックリ無防備のノーガード殺法です。
 なんというか、本堂の端のちょっと雑然とした環境に、ガラスケースに入った状態で仏海様は座っていらっしゃいました。何も足さない、何も引かない、とにかく無造作です。

 俺と友人が、仏海様に手を合わせている間もおばあちゃんは、すごい勢いで話しを続けています。おまけに時折、「なぁ仏海さん、そう思うだろ?」「なぁ仏海さん」と、仏海様に相づちを求めているのです。おばあちゃんは、仏海様としゃべることができるのでしょう。
 (よく聞き取れなかったのですが、基本的には結構いいお話をしていただいたように思います。)

-+ 仏海上人が納められていた木棺と、埋葬されていたときの図解 +-

仏海上人が納められていた木棺

仏海上人が埋葬されていたときの図解

-+ 発掘風景と、本堂裏にある木棺が掘り出された後の穴 +-

木棺の発掘風景

本堂裏にあるが木棺が掘り出された後の穴

 仏海上人にも、Sの奥様にも圧倒された観音寺でした。 

 そうそう、このあと鮭だらけの村上市を巡りました。人情味溢れるほんとに素敵な街でした。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントは受け付けていません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 般若心経絵本
    • 諸橋 精光
    Image of 般若心経絵本

    絵本作家でもある長岡市にある千蔵院のご住職、諸橋精光氏の著書。
    タイトルのとおり般若心経を概念を絵本の世界で表していて読みやすく、その世界観をうまく表しているという実感があります。絵を見ながら般若心経の文字を読んでいるとスッと心が落ち着く瞬間があり、何度も読み直しました。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ