GATABUTSU

西生寺の健康なミイラ

投稿日 2008年11月17日 月曜日

コメント コメント(0)

カテゴリ中越地区の仏像, 即身仏

タグ | | | |

 新潟県長岡市は、魚のアメ横でおなじみ 寺泊 の西生寺にでかけてきました。

 ご本尊の阿弥陀如来が12年に1度のご開帳中、その最終日だったのです。前日までの秋晴れとはうってかわっての雨模様でした。これから新潟には、陽の照らない季節が訪れるのですよ。
  
 最近、このあたりにはよく来ているので、車の運転も快調。迷うこともなく、お寺の駐車場につきました。

 参拝者受付では、若めのお姉さんが受け付けをしています。
 この西生寺というお寺のWebサイト、ノリが軽くてなかなか面白いんですが(おてら通信というコーナーでは、12年ぶりご開帳の阿弥陀様が『はじめましてどーも。』とか言って軽く登場するのです・・・)、察するにこのお姉さんが更新しているのでしょう。。。
 HPを見ましたと言って、プレゼントに小さい「ありがとうローソク」をもらいました。合い言葉でプレゼントなんて、まるで商店街の喫茶店みたいなサービスですね。

HPを見ましたというとありがとうローソクもらえる

 即身仏の拝観は11時40分から可能とのことですので、それまでは言われるとおりに宝物殿で時間をつぶします。
 ...たったのしいっ!
 まさにお寺ワンダーランドの様相を呈しているのですよ。
 
 まずはこれからお会いする即身仏の木彫りのフェイクがお出迎え。

即身仏の木彫りのフェイク

 でかいオオカミ 因縁深き獣神らしいのです...

因縁深き獣神

 小さい厨子の中にお釈迦様の頭がすっぽり。

頭すっぽり

 江戸時代に絶滅した幻の珍獣 雷獣 のミイラ。

23963993_7966854江戸時代に絶滅した幻の珍獣 雷獣 のミイラ

 トドメには、アフリカ ザイール地方に伝わる民族神”アークボーン”。

アフリカ ザイール地方に伝わる民族神”アークボーン”

 たっぷり楽しませてもらった後、はるばる海を渡ってジャポンで祭られることになってしまった異国の神”アークボーン”に別れをつげ、境内を順路に沿ってあるくことにしました。
 即身仏が祭られている弘智堂手前の石段の下についた時点で、時計は11時36分。

本堂 本堂

 「微妙に早いね。どうしよっか・・・」などと話していると、お堂の中から僕たちを呼び止める声がしました。

 「即身仏はこっちですよ~ぉぉぉ」

 !?石段を登り、お堂の中を覗くと中で老人がこちらを見て手招きしています。

 まっ!まさかっ!
 この日は、12年に1度のご開帳の日。
 そのご開帳の期間中は即身仏が蘇って、参拝客を手招きするという伝説がこのお寺には...

 手招きしていたのは、語り部のおばあちゃんでした。
 おばあちゃんは僕たちをお堂に引き入れ、まずはお堂の建築様式や彫刻なんかについて説明してくれます。話を聞いていると、なんだか子供時代にトリップしたような気分になってきます。
 
 そして、即身仏についての説明がはじまりました。厨子は厚手の布(?)で覆われお姿は見えません。堂内には、テープで録音されたお経が流れています。
 「そうだよな~。やっぱり、640年も前の即身仏なんて見せてもらえるワケないんだよな~」

 ちょっと悲しくなったのですが、合掌を続けているとおばちゃんがいそいそと厨子の前に行き、スルスルと紐を引き始めたではありませんか。すると、厨子を覆っていた布は開かれ、中からは蝋燭の明かりに照らされた弘智法印即身仏が現れたのです。なんという、素敵な演出。この演出、江戸時代から続いているらしいのですよ。

 すっげぇ~・・・

 なんというか、ただただ・・・「すっげぇ~・・・」なのです。
 即身仏になると決めたその日から、タンパク系のものはいっさい口にせず、薬草や木の実だけを食べて、長い時間をかけて体を浄化していく。そして、最後にはお経を唱えながら、土の中に作られた小部屋でミイラになるというのです。
 話だけでもド迫力なのに、今、目の前にその即身仏がいるのですから。

 宝物殿に、弘智法印様のレントゲンが飾られていたのを思い出しました。即身仏ともなると、ミイラになってもなお、健康診断を受けなきゃならないんだ...”死してなお健康”ってわけなんですね。

即身仏のレントゲン

 お堂を出るとき、語り部のおばあちゃんに訪ねました。
 「もう、長いことここで説明をされてるんですか?」
 おばちゃん、にっこりして「エヘヘヘ・・・そんなことないよw」と。
 田舎のおばあちゃんってカワイイ。

本堂

12年ぶり御開帳だし旗が沢山

 本堂に向かい、ご本尊の阿弥陀如来にご対面。
 お堂内は薄暗く、また阿弥陀様は高い位置にある厨子に入っているので、いくら柵から身を乗り出そうとも、しゃがんでのぞき込もうとも、見えるのはその印相の部分のみでした。

 なんとかもう少し近くで見たいと思い、他の参拝客がいなくなってから檀家のおじさんにお願いしたら、困った顔をしながらも柵の中に入れてもらえました。ありがとうございます。
 それでも、やはり本堂内は薄暗い。印相だけでなく、お顔まで見えるところまで来たんだけど、やはりお姿ははっきりみえません。しかし、そのお姿は素敵なシルエット如来でした。

 また12年後に逢いましょう。

 最近、このあたりにはよく来ているので、車の運転も快調です。お寺の駐車場から出て最初の角を左に曲がりました。車は、弥彦山を山頂にむかってどんどん進んでいきます。

 どうやら、来たときとは正反対の方向に車を走らせていたようでした...
 あわてて引き返した、雨の昼下がり。

 僕がお寺を訪ねたその数日まえには、みうらじゅん氏が訪れていたようです。

 もしや、じゅん氏に逢うこともあるのではと、カバンにはじゅん氏の「見仏記4巻」とサインペンをいれておいたのですが...遅かったかっ!

 じゅん氏と受付のおねえさんの掛け合いも、おてら通信で読むことができます。
 おかしな2人です。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

コメントは受け付けていません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

    • へんな仏像
    • 本田 不二雄
    Image of へんな仏像

    「頭の中でどうにも収まりのつかないものとの出逢いは、困惑をもたらすものでしかないが、同時に、沸き立つような好奇心を刺激する存在である。」(まえがきより)

    私が仏像にハマったキッカケとも言える感情を、まえがきの一文で見事に表現しています。
    本書は、日本全国にちらばる異形の仏像・神像を中心に約60体を紹介。仏像を求めてあちこちに出かけていくと、時折、理屈ではわからないおかしな仏像に出会うことがあります。そんなとき思う。「これは何を意味しているんだ?どうしてここにいるんだ?」と。不思議なものがそこにあり、そしてそれを長い年月の間、受け継いできた人々がいる。その時代の流れに少し触れられることが楽しい。そんな見仏のモチベーションを掻き立ててくれる写真が沢山掲載されています。

    新潟からは加茂市双璧寺の元三大師坐像と、栃尾のほだれ大神がエントリー。
    「国宝・重文の仏像に言葉はいらないが、異相の神仏像には理由がある。」(あとがきより)

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ