GATABUTSU

妙智寺の人魚のミイラ

投稿日 2008年11月02日 日曜日

コメント コメント(4)

カテゴリ中越地区の仏像, 即身仏

タグ | |

 新潟県は柏崎市にある妙智寺に出かけてきました。

 ここは越後三十三観音の第4番。ご本尊は正観世音菩薩です。

 本堂にあがらせていただいたが、ご本尊のご開帳は年始の3日間のみとのこと。

 ...しかし、今日ここに伺ったのは、珍しく仏がお目当てではないのです。
 
 「あの~こちらに、人魚のミイラがあると伺って来たんですが、見せていただくことはできますか?」

 このお寺、人魚のミイラがあることで有名なお寺なのですよ。

 たずねると、お寺のお母さんは、ハハハハと(”あんたらもか”的な感じで)笑い、「はいはい、御朱印帳書いたら出してきますので、本堂で待っててください。」と。

 羅漢像などを見ながら待っていると、お母さんが現れました。本堂の奥から、50cmくらいの木箱を持って来ます。

人魚のミイラが入ってる木箱

 箱を開け、お母さんは「向こうにいますので、見終わったら声をかけてください。」と言ってしまった。...か、軽い。いいのか?

 箱には、説明書きの紙が添えられている。なんでも明治32年ごろ、埼玉の知人から形見の品にとゆずり受けたものらしい。

 ついに、人魚のミイラにご対面です。

人魚のミイラ

 お~!!パチパチパチパチッ!!(拍手)
 
 人魚だ人魚!決して、マーメイドではないその人魚は、上半身は小柄なおっさん、下半身は鯉のような見てくれです。
 おっさんは、目を見開き半開きな口には鋭いキバが光っています。よく見ると、ちょっと長めの体毛がミイラになったその状態でも少し残っているようです。

 写真では何度もみたことがあったんですが、実物を見るとそのこぶりな大きさもあいまってか、結構滑稽、いやむしろカワイイのです。よくもまぁ、ムンクの叫びよろしく絶妙な表情とポーズでミイラになったものです。(げっそり)

人魚のミイラ

 帰りしな、お母さんがいろいろと教えてくれました。
 なんでもその昔、少年マガジンから取材されたのがきっかけで、あちらこちらから取材が来るようになってしまったとのこと。一時はあまりの取材要請に、ご住職も「もう、見せねぇ」と怒ってしまったらしいのだが、最近はでまた希望者にはボチボチと見せているのだそうな。
 子供なんかは、真剣にこのミイラは何科に属するのかを議論するらしい。

 このお寺、曹洞宗です。とにかくもう、曹洞宗のお寺にはアタリが多い。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

“妙智寺の人魚のミイラ” への4件のフィードバック

  1. 負け犬。 より:

    はじめまして。
    柏崎在住の者です。

    妙智寺さんの人魚のミイラは拝見したことはないんですが、ご住職のミイ・・もといご住職には、親戚の葬儀の時に応援で来てくださったのでお話したことがあります。
    お酒を飲ませると気さくで面白い方ですよ。
    昔はユースホステルもやっていたので若い子がたくさん来たんだが・・・と言う話をさせてもらっていたらすっかりミイラのことは忘れてしまいましたが。
    柏崎には西長鳥の真珠院さんに即身仏もいらっしゃるようです。

  2. gatabutsu より:

    はじめまして。やまざきです。
    ご覧頂きましてありがとうございます。

    真珠院さん。
    即身仏を調べていたときにお名前は拝見したような記憶がありますが、そのときは見せていただくのは難しいのではなかろうか?と思って放置してしまったように覚えています。
    改めて調べてみますね!ありがとうございます。

  3. 負け犬。 より:

    やまざきさん、お返事ありがとうございます。
    真珠院さんは、柏崎市内からだと畔屋峠を越えて降り、さらにもう一つの峠を越えて降りていく途中左手にあります。

    何の予備知識もなくフラフラとバイクで走っていてなんとなく曲がって坂をのぼりつめたところにあります。

    現在は小さなお堂に安置されていて、しかも外からは見えません。
    だいぶ前に地元の夕刊に掲載されていて、そう言えば・・・という感じで気づきました。

    一度ご開帳があったらしいですけどね。 写真は見ることができます。

  4. gatabutsu より:

    やまざきです。
    写真もあるんですね。
    ブログにはなかなかすべて書けてはいないんですが、ちょいちょいドライブがてら散歩がてらお寺やお堂巡りをしてますんで、そのときにでもちょっと偵察してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • ジャパンホビーツール ニコン クールピクス P300 用張り革キット 4308 ニコンF2タイプ
    Image of ジャパンホビーツール ニコン クールピクス P300 用張り革キット 4308 ニコンF2タイプ

    愛用している NikonのデジタルカメラCOOLPIX P300の貼り革キットです。この値段で見違えるようにお洒落になりますし、グリップもよくなるので一緒に買うことをおすすめします。

    • PLANEX ホテル用 無線LANモバイルWi-Fiルーター 11n/g/b 150Mbps ちびファイ MZK-RP150N PS4・AppleTV・iPhone・Android対応
    Image of PLANEX ホテル用 無線LANモバイルWi-Fiルーター 11n/g/b 150Mbps ちびファイ MZK-RP150N PS4・AppleTV・iPhone・Android対応

    5.5 x 4.2 x 1.5cm、重さ32gの文字通り、手のひらサイズのポータブルWi-Fiポケットルータです。

    地方見仏に泊りで出かけた際に、あわせて山間の温泉宿に泊まったりすることもあるかと思います。最近ではホテルや旅館でも部屋でインターネットを使う事ができて便利ですよね。
    でも、地方の宿だったりすると意外とネットワークの接続には有線の環境しか用意されていない場合があったりで「あとひといき!」ってこともよくある。そんなときに限って、携帯の電波は届かなかったりするし。

    そんなときに、このWi-Fiポケットルータをひとつ持っていくとすごく便利です。ネットワーク環境を自動で判別してルータモードとアクセスポイントモードを自動切換えできるし、無線対応していないテレビなんかを無線にできるコンバータモードも搭載しているんで、とってもお得。
    小さいから荷物にもならないし、旅のお供に最適です。

    電源はminiUSBによる給電なので、一緒にUSB ACアダプタやスマフォ用予備バッテリーなんかを持っているとより便利ですよ。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ