GATABUTSU

このサイトについて

投稿日 2012年5月08日 火曜日

コメント コメント(2)

新潟の仏像を「ガタブツ」と名づけました。

にい”がた”の”ぶつ”ぞうだから「ガタブツ」なのであって、決してやま”がた”の”ぶつ”ぞうではありません。

「山形の立場はどうなるのか!」

と、善良なる新潟県民から沢山のご指摘をいただいたこともあり、私の全世界に渡る情報網を駆使してGoogle検索をかけたのですが、山形の仏像はガタブツとは言わないようなのです。もし、山形の仏像さんもガタブツと言いたくなったら、元祖と本家でラーメン屋を開きましょう。めでたし、めでたし。

どうもこんにちわ。フリーランス仏像愛好家です。

フリーランスなので仏像に関する記事を書いたり、講演をして生計をたてたりしているかと思えばまったくもってただのサラリーマンなので、一人寂しく仏像を見て回っている部分が唯一フリーランスっぽいところな仏像愛好家です。精神力としてのフリーランスを標榜。

さて、”仏像”というとどんなイメージがあるでしょうか?

いろんなイメージがあると思いますが、一般的には京都や奈良のお寺のイメージが強いんじゃないでしょうか。修学旅行とかね。
そう確かに仏像というと、京都や奈良、鎌倉なんかに有名な仏像が沢山あります。最近は仏像ブームなんて言われるようになって、テレビや雑誌で見かける機会も増えました。東京で開かれた仏像の展覧会の話題なんかを、耳にしたこともあるのではないかと思います。

仏像メジャーリーグ

私も随分と京都や奈良のメジャーリーグで活躍する仏像を見に行きました。
三十三間堂
仏像を意識して見るようになったのは、仕事の都合でしばらく京都に住んでいた2003年のころからです。
当時は、仏像それ自体にさほど興味はなかったので、最初のうちはお庭の綺麗なお寺や美味しい食べ物を求めて京都の町をブラブラしていたのですが、その流れで当たり前のように訪れた 国宝第一号 弥勒菩薩半跏像率いる広隆寺と、修学旅行でお馴染み三十三間堂の静と動の仏像ワールドにまんまとやられてしまいました。

それから毎年のように京都に出かけ、時には奈良や鎌倉も訪れたりもしていたのですが、そこはフリーランスなサラリーマン。”働いたつもり貯金”の500円玉貯金はいつの間にか底をつき、遊ぶように働いていたらまんまと休みの日に働くことになり、いつしか京都や奈良へ出かけることもままならない状態となっていたのです。金がないとか、みみっちい話をして申し訳ありませんが、このブログは私が富豪になっていく過程を楽しむブログなのです。

「こんなの俺の思ってたフリーランスと違う!」と憤りながら、JRの駅の通路でコペルニクス的転回で頭に思い浮かべたキャッチコピーが「そうだ新潟行こう」。目の前には、京都旅行のポスターがありました。

さて、思い浮かんだ見事なキャッチコピーも、私自身が既に新潟に居るということに気づいてしまい、誰にも知られないうちに「にい”がた”の”ぶつ”ぞう、『ガタブツ』を見に行こう。」と変えたのですが、そもそも誰にも「そうだ新潟行こう」とか言ってないし、それ以前に新潟の仏像にこれまでまったく興味がなかったという驚愕の事実に直面してしまったのです。始まる前から大ピンチ。

「なぁ、ガタブツってもう終わっちゃったのかな?」
「何言ってんだ。まだ、始まってもいねーよ。」
と、すかさず信濃川の土手で一人二役の青春ドラマを演じながら、私の同胞であるGoogleの全世界に渡る情報網を駆使して新潟の仏像を調べてみたところ、いるいる、新潟にも面白くて素敵な仏像が。
新潟には、一般的にイメージできる京都や奈良の仏像とはちょっと違った、味のある仏像が沢山居るのです。

もう一度言います。
にい”がた”の”ぶつ”ぞう、「ガタブツ」を見に行こう。

新潟には味のある仏像が沢山居るんだ

子供の遊び道具として毎年冬には、ソリの代わりとして使われていた仏像。ソリとして使われるウチに顔面と髭が繋がって、つるつるになってしまい、”あご長上人像”と呼ばれることもあるそうです。私はGoogleMapのピンに似てると思うけど。
佐渡には西からの文化や技術が沢山入ってきていますので、京都や奈良の仏像ともひけをとらないハイクオリティの仏像を見ることができます。
越後のミケランジェロと冠されて、県も猛アピールをしていた石川雲蝶という彫師が掘る仏像は、歌舞伎のワンシーンを思わせるような画期的なポージングをしています。歌舞伎というよりもジョジョの奇妙な冒険よろしくジョジョ立ちを決めていて、ズギューンな感じでもあるんですが、何を言ってるのかわからなくても気にしなければいいんです。
石川雲蝶
即身仏という言葉を知ってますか?

生きたまま土の中に埋まって、そのまま仏となることを目指したお坊さんで、簡単にいってみればミイラのこと。新潟には、日本最古の即身仏と最新の即身仏が居るのです。現在の日本では即身仏となることは、法律で禁止されているので、もはやこの地位は不動!
自らが土の中に埋まり、土砂崩れを沈めたという即身仏もいます。なんということでしょう、彼は今、受験生の滑り止めの神様として祀られているのです。
人魚のミイラだって居る。どうだ。

どうですか?ちっとは興味出てきました?

このブログには、私がガタブツを見て回った沢山の記録が残されています。文体などは定まっていないので、ある時は妙にテンションが高かったり、である調だったりですますございますなのですが、これは私が成長していくサイトですので、そういうふうに読んでください。
検索とかで発見されると、成長の過程がわからないので困ったものです。

なにはともあれ、このブログがきっかけて、新潟の仏像に興味を持ってもらえるならば嬉しいです。

2012.5.12
フリーランス仏像愛好家 やまざき ふみひろ

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。

“このサイトについて” への2件のフィードバック

  1. 星野 より:

    fbのファンページからお邪魔しました
    私は狛犬が気になり そしてこちらのファンページにたどり着きました
    楽しく拝見させていただいております

  2. gatabutsu より:

    狛犬も面白いですよね。
    湊稲荷神社の回る狛犬や、悪田稲荷神社の翼の生えた狛犬、栃尾の猫とか。奥が深いです(笑)
    今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • おすすめ

    • 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
    • みうら じゅん, いとう せいこう
    Image of 見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)

    みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第四弾です。
    今度は、親孝行編ということでそれぞれのご両親を連れた親子見仏の旅。新潟は海も山もあるし、ご飯も魚もお酒も美味しいし、温泉も沢山あるし東京からもアクセス良いし、親孝行にはもってこいの県ですな。

    新潟のお寺からは、観音寺、善行寺、西生寺、国上寺、浦佐毘沙門堂、西福寺、円福寺がエントリー。日本最古と最新の即身仏や、あまり仏像形式では見ることの出来ない浦佐毘沙門堂の常瞿梨童女(じょうぐりどうにょ)に両氏が出会ったエピソードなども綴られています。

    • 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)
    • 宮田 珠己
    Image of 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

    全国の大仏がある風景を全力で脱力しながら見て回るエッセイ。
    一見脱力していながらも、練られた構成と鋭い視点で綴られた旅の話は、仏像好きではなくとも楽しめます。

    新潟からは、越後の里の親鸞聖人大立像と、弘願寺の屋上に立つ弘法大師像が登場。どちらも不意にぬっと現れる新潟屈指の大仏です。

    • 壊れても仏像―文化財修復のはなし
    • 飯泉 太子宗
    Image of 壊れても仏像―文化財修復のはなし

    仏像修復をおこなっている飯泉太子宗氏の仏像修復に関するエッセイ。
    今、仏像に関する書籍は数多く出版されていますが、この本のような視点から書かれた本はあまり多くなく、いくつかのお寺を訪ねて仏像を見て回ったあとは、ぜひこの本を読んでみることをおすすめします。

    新潟に限らず地方の仏像を見て回っていると、宗教や美術品という見方とは一線を隠した独特の"信仰"という感覚を感じることがあります。
    仏像はその土地に昔から住んでいた人を繋いでいる、リレーのバトンだと思うんですが、それがこの本を読むとスッと入ってくる。
    数ある仏像関連書籍の中で、一番好きな本です。

    • 大仏をめぐろう
    • 坂原 弘康
    Image of 大仏をめぐろう

    全国各地の大仏・大観音70体をカラー写真と詳細なデータで紹介。奈良・鎌倉をはじめとした歴史ある大仏から、「胎内めぐり」ができる大仏・大観音、地元住民に愛される「ご当地大仏」まで、著者が30年にわたり全国の大仏を訪問し気づいた、お寺めぐり、仏像めぐりの新しい楽しみを提案。
    新潟からは越後の里 親鸞聖人,弘願寺弘法大師像,白馬大仏がエントリー。

    • 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)
    • いとう せいこう, みうら じゅん
    Image of 見仏記〈2〉仏友篇 (角川文庫)

    仏像鑑賞本の定番、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の見仏記第二弾です。
    当たり前だけど、仏像って宗教に密接に関わってるし、お作法とかも難しそうで敷居が高そう...と思っている人は、是非、この本を読んでみてください。そしてこの二人の、一見ふざけた仏像鑑賞の旅の裏に流れている仏像への愛がわかるようになったら、仏像を「見る」と言うことにも抵抗がなくなるかもしれません。

    新潟のお寺からは、宝伝寺、明静院、西照寺、長安寺、長谷寺、国分寺、昭和殿、慶宮寺がエントリーしています。

  • 書いている人

    1

    やまざき ふみひろ

    フリーランス仏像愛好家。仏像についてひとことも喋らなくても、誰も困らないくらいのフリーランス。ライフスタイルとしての仏教好き。
    Twitter IDは[ @gatabutsu ]。新潟の仏像話を中心につぶやき中。
    Facebookでは、記事にする前のメモ書きや、美術館・博物館などもうちょい広い話題でやってます。

    mail
  • Meta

  • Facebook

  • ガタブツ